コラム コラム 2018年5月10日 更新 お気に入り追加 0

夏はコレ!スイカネイルのデザインをご紹介♪

1,437 view
夏はコレ!スイカネイルのデザインをご紹介♪ Itnail編集部

もうすぐそこまでやってきている、夏。夏のフルーツといえば、スイカですよね。そこでこの記事では、スイカの模様を取り入れたネイルデザインをご紹介します。使うカラーや描くスイカの大きさによって色々なデザインが作れますので、サロン派の方もセルフ派の方も、ぜひ参考にしてくださいね!

小さなスイカを沢山描いたデザイン

pecoru (大阪)

pecoru (大阪)

季節感を取り入れたネイルにしたいけれど、あまり派手なのは苦手…というあなたには、小さなスイカを描いたネイルデザインをおすすめします。ベースカラーを塗った上に、小さめのスイカをいくつか描くのです。ワンポイントで、爪の好きな部分1か所にだけアートするのもいいですね。

また、5本ともにスイカの模様を描くのではなく、好きな爪2本くらいにアートすると、すっきりとしたデザインに仕上がります。残りの爪に関しては、レッドやグリーン、ブラックといった「スイカカラー」で統一して、シンプルなワンカラーにしてみてはいかがでしょうか。
GRACENAIL 鶴橋

GRACENAIL 鶴橋

クリアレッドを使って描くスイカネイル

noooooca. (東京都港区)

noooooca. (東京都港区)

スイカと聞くとまずイメージするカラー、鮮やかレッド。ただこういった色味をネイルに使うとかなり派手な感じになるため、大人女子的にはややチャレンジしにくいですよね。そこでおすすめしたいのが、クリアレッドを使ったスイカネイルなのです。

最近はクリアな質感のカラージェルが販売されていますので、そういったアイテムを使うといいでしょう。またクリアカラージェルがない場合は、お手持ちのレッドジェルにクリアジェルを混ぜて使ったのでもOKです。クリアベース×クリアレッドのスイカ、ホワイトベース×クリアレッドのスイカ、ともにナチュラルで上品な仕上がりが楽しめますので、ぜひお試しくださいね!
RAY NAIL 原島店

RAY NAIL 原島店

爪全体でスイカを表現するデザイン

Felice+ (大阪府堺市)

Felice+ (大阪府堺市)

最後にご紹介するのは、爪全体を使ってスイカの形を表現したネイルデザインです。まずは爪全体をレッドでカラーリングし、爪の根元部分にスイカの皮の部分を、レッドの部分にスイカの種を描いていくのです。種の部分にブラックのストーンを使ったり、皮の模様にゴールドやブラックのホイルを使ったりするのも素敵ですね。

このタイプのスイカネイルはとても簡単にアートできるので、セルフネイルをされる方にもおすすめですよ♪次のネイルにはスイカの模様を取り入れて、夏を先取りしてみましょう!



Itnail編集部