コラム コラム 2019年2月26日 更新 お気に入り追加 0

スパークリングネイルで春はふわっと軽やかな輝きを

3,081 view
スパークリングネイルで春はふわっと軽やかな輝きを Itnail編集部

ほんわり暖かな日差しに包まれる春も、もうすぐそこ。指先もいち早く、春の日差しのようにキラキラ輝くネイルに変えてみませんか?指先がキラキラ輝くと、自ずと気分もあがるもの。新しい季節の始まりにふさわしい、スパークリングネイルで新しい自分をはじめてみましょう。シェルや微粒子ラメのような繊細の輝きのものから、大きくキラキラ輝くホログラムまで。春に似合うアートやカラーで作った、きらめきネイルの数々をデザイン別にご紹介させていただきます。

優しい輝きで、女性らしさUPのスパークリングネイル

ALLURENAIL (大阪・玉造)

ALLURENAIL (大阪・玉造)

キラキラ輝く指先は、周囲の人も思わず目を奪われてしまう美しさがあります。冬はマットな質感のネイルが人気ですが、春が近づくにつれ軽やかで少し光を帯びたネイルが気になるところ。そこで今回は、春らしいキラキラ輝くスパークリングネイルをご紹介させていただきます。

【シェルフレーク】天然の輝きだけが出せる美しさ

Sucre (福岡)

Sucre (福岡)

まず春のはじめにおすすめしたいのが、シェルネイル。最近のシェルは、薄さも様々でカラフルなシェルも増えたので、アートの幅もとっても広がりました。いろいろな種類のシェルを選べるようになったことから、今までは夏限定のイメージだったシェルも、オールシーズン人気のアイテムになりました。
L’eclat (茨城県日立市)

L’eclat (茨城県日立市)

オフィスなどにしていただきたいのは、ホワイトやベージュを基調にしたシェルネイル。柔らかな天然のシェルの雰囲気が一番でるカラーです。ベースカラーは何色でも相性がいいので、好きなカラーを選べるのもうれしいところ。落ち着いたオフィスネイルにしたい方は、ベージュやホワイトをセレクトして、シェルとの色のコントラストを押さえれば上品な仕上がりに。少し可愛らしさをプラスしたい方は、ピンクやパープルを使って春らしい色使いにしましょう。
Sucre (福岡)

Sucre (福岡)

もう少しカジュアルにシェルを使いたい場合は、カラフルなシェルを使うことをおすすめします。ベースカラーは、乳白色や肌馴染みの良いカラーにして、カラフルシェルを主役にしましょう。鮮やかなカラーですが、シェルの優しい輝きなら上品にきまります。

【微粒子ラメ】上品に見せるポイントは繊細なラメ

nail’s mew (熊本・大江川鶴)

nail’s mew (熊本・大江川鶴)

次におすすめしたいのが、微粒子のラメを使ったネイルです。ラメの大きさが小さければ小さいほど繊細に上品に輝きます。ラメと言えば、ギラギラした派手な輝きを想像するかもしれませんが、微粒子のラメならそんな心配はありません。ラメの色を落ち着いたものを選んでいただければ、オフィスなどにも対応できるネイルとして楽しめます。
la SORK (滋賀県東近江市)

la SORK (滋賀県東近江市)

派手になりがちなシルバーラメも、微粒子ラメなら華やか&大人の遊び心のあるネイルが叶います。

【ユニコーンパウダー】目を奪われる七色の輝き

Sucre (福岡)

Sucre (福岡)

もっと細かいラメを目指すなら、ユニコーンパウダーを使ったネイルがおすすめです。七色の輝きは、ドリーミーな雰囲気でとってもかわいいので、若い女性を中心に人気のカラー。
パープルやピンクに合わせると春らしくなって、30代40代の方でも抵抗なく楽しんでいただける仕上がりになります。
Creis (東京・新宿)

Creis (東京・新宿)

【大粒ホログラム】デザイン次第で上品に春らしく

ALLURENAIL (大阪・玉造)

ALLURENAIL (大阪・玉造)

最後におすすめしたいアイテムは、ホログラムを使ったネイルです。ただ、そのままワンカラーで仕上げてしまうと、少し派手になりがちなホログラム。そこでネイル上級者の皆様におすすめしたいのは、ホログラムをポイントに取り入れたネイルです。指長効果も期待して、まっすぐにホログラムを並べて光を爪の中心に集めるデザインもおすすめです。
Sucre (福岡)

Sucre (福岡)

春を意識して、さりげなくお花の周りにホログラムを添えてみるのも可憐で素敵です。
ATORI (池袋・要町)

ATORI (池袋・要町)

輝くラメやホログラムをネイルに取り入れて、軽やかな春のスパークリングネイルを楽しみましょう。


Itnail編集部