コラム コラム 2015年8月5日 更新 お気に入り追加 0

海やプールで他の女性と差を付けるネイルのテクニック

6,176 view
海やプールで他の女性と差を付けるネイルのテクニック Itnail編集部

夏休みには海やプールなどに出かける機会も増えるのではないでしょうか。せっかく水着を持ってお出かけするなら、ネイルもしっかり合わせて楽しみたいですよね。 今回は、海やプールで他の女性と差をつけるネイルのテクニックをまとめてみました。

シーンに合わせたネイルで差をつけよう♪

【イットネイル】夏休みには海やプールなどに出かける機会も増えるのではないでしょうか。せっかく水着を持ってお出かけするなら、ネイルもしっかり合わせて楽しみたいですよね。

今回は、海やプールで他の女性と差をつけるネイルのテクニックをまとめてみました。
 (247736)

ビーチでの飲み物を想定して色を考える

ネイルが他の人から一番目に入るのは、あなたが飲み物を口元に運んでいるシーンです。例えば、ビールを飲むのに透明なグラスでゴールド系のネイルだと同化してしまいますよね。

海やプールで飲み物を飲む際はシチュエーションを考えてネイルを選ぶか、ネイルが映える飲み物を選ぶと引き立ちます。

手元をもっと美しく見せたいなら割れない材質のワイングラスでシャンパンを飲むなどグラス自体にまでこだわったり、さらにグラスに添える指を揃えるなど、所作を美しくすることも意識すると只者ではない雰囲気になるでしょう。
 (247738)

サングラスや水着の色と揃える

サングラスのフレームを白や紫などカラーフレームにしている方もいらっしゃるかもしれませんね。白フレーム✕白ネイルなどサングラスの色とテイストを合わせるとお洒落な雰囲気になります。

ただ、サングラスと合わせるにしてもべっこうネイルなどの茶系ネイルは夏にはちょっと重い印象を与えるので茶系は避けた方が無難です。

肌色に合わせたネイルにする

水着になった時、一番露出する面積が多いのは素肌です。服を着ている時よりも、色白、色黒など肌のトーンがはっきり分かってしまいます。ピンク色ひとつとっても、くすんだ色合いだったり赤に近い色合いだったりとその人に合う色のトーンは違います。

イエローベース、ブルーベースで肌を分類するのが一時期流行りましたね。自分に合う色合いが黄色系なのであればオレンジや黄色などの暖色系を取り入れたり、青みがかった肌なのであれば青みを含んだピンクや紫、水色など寒色系の要素を含んだ色合いの方が肌に合って映えます。ペディキュアに関しても同様なので、肌色に合ったものを選びましょう。サンプルを見ただけでは実際に塗ってみると違うことも多いので、実際爪に載せてみて判断するようにする方が良いですね。
 (247737)

日焼けを想定した色味にする

どんなに熱心に日焼け止めを塗っていても、海やプールに行ったら多少は日焼けしてしまいます。さらに、体中で最も焼けやすいのは手かもしれません。

海やプールでガッツリと焼けてしまうと、ネイルの色が合わなくなってしまい手の肌がくすんで見えてしまうことがあります。ジェルネイルなどを数日〜数週間前にする場合は、その時の肌の色合いよりもちょっと日焼けを前提とした色味を考えて行うと違和感のない色合いになりますよ。

また、ジェルネイルに水分は大敵です。プールや海に長く浸かっているとネイルが浮いてきたり取れてしまうこともあります。水分は早めに拭き取るなどしてケアを忘れずに!



Itnail編集部