コラム コラム 2016年9月3日 更新 お気に入り追加 0

ネイルNGの人必見!何もつけなくても綺麗な爪になるためのポイント3つ

3,389 view
ネイルNGの人必見!何もつけなくても綺麗な爪になるためのポイント3つ Itnail編集部

学生さんやOLさんの中には、マニキュア等が一切NGという方がいます。ルールだから仕方がないとはいえ、やはり女性としては、綺麗な爪でいたいですよね。でも、安心してください。爪はマニキュア等を塗らなくても、ちょっとした工夫によって綺麗に魅せることができます。

表面をバッファーで磨いてピカピカに♡

 (469388)

【イットネイル】美しい爪と言えるためには、その表面がツヤツヤしていなければいけません!そこでまずおすすめしたいのが、スポンジバッファーを使ったネイルケアです。

スポンジバッファーとはスポンジに目の細かいヤスリがついたネイルケアアイテムで、これを使って爪表面を磨くことで、デコボコをなだらかにして艶を与えることができます。

ただしこのスポンジバッファー、使い過ぎには十分注意しましょう。これはあくまで爪表面を“削る”作業であるため、頻繁に使っていると爪がペラペラになってしまうことがあります。爪を磨くのは、2~3日に1回くらいの頻度がおすすめです。

ハイポニキウムを大きくして見栄えを良くする

 (469390)

爪を綺麗に魅せるためには、ハイポニキウムを育てるというのもおすすめです。
爪にはピンク色の部分と白い部分があるかと思いますが、ハイポニキウムとは、爪のピンク色の部分のことを意味します。

そしてハイポニキウムを育てるには、指先をしっかり保湿して乾燥させないようにすることが大切です。保湿のやり方はとても簡単で、ネイルブラシなどを使って爪の中の汚れをしっかり落とした後、そこにハンドクリームを塗りこめばOKです。

またクリームを塗った後は爪の根元から先端を指の腹でマッサージするように揉むと、血行が良くなってハイポニキウムの成長を促進させることができます。

ベースコート&トップコートで爪を補強する

 (469392)

ジェルやマニキュアを塗っていない素爪は無防備であるため、欠けたり割れたりしやすい傾向にあります。

そこでおすすめしたいのが、ベースコートやトップコートを塗って爪を補強するという方法。色のついたマニキュアはNGでも、透明なベースコートやマニキュアならば職場にも遠慮なくつけていくことができますよね。

最近は爪を補強する効果があるファイバー入りのネイルハードナーも販売されていますので、爪が薄くペラペラになっているという方は、こういったアイテムを使ってみてもいいかもしれません。

ネイルNGでも自爪を綺麗に魅せることは十分可能ですので、皆様もここでご紹介した方法を試してみてくださいね!



Itnail編集部