コラム コラム 2017年1月19日 更新 お気に入り追加 1

セルフネイルの悩みを解決!ジェルネイルの爪先リフトの予防法

1,449 view
セルフネイルの悩みを解決!ジェルネイルの爪先リフトの予防法 Itnail編集部

セルフジェルネイルをしていると、いろいろな悩みが出てきます。中でも多いのが、ジェルネイルがすぐにリフトしたり取れたりしてしまうというもの。ジェルネイルがリフトしてくる場所は人によって様々ですが、今回は爪先からのリフトに着目し、その予防法についてご紹介したいと思います。

施術前のサンディングがネイルの持ちを決める

 (525271)

ジェルネイルが長持ちするかどうかは、ジェルを塗る前にする下準備にかかっています。プレパレーションの工程では甘皮を押し上げたうえで爪表面をサンディングしますが、いつも爪先からリフトしてしまうという方はこのとき、他の部分よりしっかりサンディングするか、目の粗いヤスリを使うようにしましょう。

自爪を削ることに抵抗がある方もいるかとは思いますが、ネイルベッド(ピンク色の部分)ではなく爪先を削るだけですので、自爪の長さを伸ばしていきたいということでなければ、特に問題はありません。

エッジ部分にもジェルを塗るようにしよう

 (525272)

爪先からリフトすることが多い方は、爪表面にしかジェルを塗っていないことがあります。爪先は日常生活の中で衝撃を受けやすい部分ですので、爪の上にジェルを「乗せている」だけでは時間の経過とともに自爪とジェルとの間に隙間が生まれ、リフトしてきてしまいます。

そこでジェルを塗る際は爪の表面だけでなく、エッジ部分(爪先部分)にもきちんとジェルを塗るようにしましょう。そうするとジェルが爪の上に「乗る」のではなく爪を「包む」ようになるため、爪先からリフトしにくくなってきます。

自爪をジェルで覆うとリフトしにくい

 (525273)

爪先からのリフトを防ぐには、自爪をジェルで覆ってしまうのもおすすめです。リフトしてくるのはいつも爪先から…という方は、施術した後の爪を横から見てみてください。ジェルよりも、自爪の方が出ていませんか?

これでは爪先からジェルが浮いてきやすくなりますので、自爪がジェルにすっぽり覆われるよう意識しながら施術してみてください。自爪が弱い方は、以下のような方法で自爪を覆ってからカラージェルを塗っていくと、ネイルを長持ちさせられるようになります。

<自爪の覆い方>
①: ベースジェルを塗った上に、クリアジェルを塗って硬化させる。
②: 180~240Gのエメリーボードを使い、自爪の裏側を斜めにサンディングしてジェルの下に自爪が隠れるようにする。
③: サンディングによるダストを払い、いつもの要領でアートしていく。

あとはいつも通り、トップジェルを塗って仕上げるだけでOKです。



Itnail編集部