コラム コラム 2016年5月26日 更新 お気に入り追加 0

放置すると老後が大変!縦ジワを作らないネイルケアとマッサージ

713 view
放置すると老後が大変!縦ジワを作らないネイルケアとマッサージ Itnail編集部

知らない間に爪に縦に線が入っている、そんなことありませんか?それは老化のサイン。またその縦ジワ、1度できてしまうとなかなか消すことができません。しかも、そのまま放っておくと、そこから縦ヒビが入ってものすごく痛いのだとか!消えない縦ジワを作らない方法、若いうちから知っておかなければいけません。

消えない爪の縦ジワ、原因とは?

 (402121)

【イットネイル】爪の縦ジワの主な理由は老化。顔のシワと同じと思ってOK。顔のシワはエステなどのマッサージで多少薄くなることはあれど、基本的には消えませんよね。それと同じで爪の縦ジワも基本的には消えません。シワが多いと爪の表面がボコボコになってしまい、ポリッシュを塗ってもきれいに塗れない、きれいに仕上がらない、といった結果になってしまい美しい爪、指先にはならなくなってしまいます。
ちなみに爪の横ジワはぶつけたときの衝撃や何かしらの病気で現れることが多いといわれています。ぶつけてしまった場合、爪の根元部分にダメージが加わると細胞が傷ついてしまい、そうなると横ジワは消えません。

縦ジワを放っておくと亀裂が入ってかなり痛い!

 (402124)

老化が原因の爪の縦ジワ。顔にシワができたとき、そのまま何もしないで放っておくとシワはドンドン増えて、また深くなっていきます。爪もまったくおなじで放っておくとその縦ジワが深くなってしまうのです。しかも爪の場合、縦ジワが深くなるとそこから亀裂が入りやすくなってしまうのです。縦に亀裂が入ると痛みを伴うため、力を入れることができません。また何かの拍子に指先に力が入ると亀裂がさらに深くなり、どんどんヒビが深くなってしまうのです。
爪を常に短くしていてもこの現象はおこることで、年をとると指先が痛くてたまらない、といった状態に。
若いうちから縦ジワが入らないようにする防止策が非常に重要なのです。

爪の縦ジワ予防にはネイルケアとマッサージ

 (402128)

1度できてしまった縦ジワは治らないため、予防策が非常に大切。それがネイルケアとマッサージです。
ネイルケアは2週に1度サロンで行いましょう。余計な甘皮をカットすることで爪がキレイに見えるだけでなく、栄養を吸収しやすくなります。健康な元気な爪が生えてきます。ネイルオイルも毎日塗ってあげて。
マッサージはハンドクリームやオイルなど、摩擦を少なくするアイテムを何か必ず使ってから行ってくださいね。

・爪の両サイドを強くはさみながらマッサージ。
・指と指との間をゆっくり押す。
・手のひらの中指の付け根から手首に向かって、血流を促進するように強めになでる。

この3つが手、指先の血行を良くするマッサージです。血行不良は細胞の活性化をさまたげ、元気な爪が生えてこなくなる原因に。また血中の栄養分を爪先まで行き渡らせるのに血行促進は必要不可欠です。
若いうちからハンド、ネイルのマッサージを常に行うことでキレイな手、爪を維持するように心がけましょうね。



Itnail編集部