コラム コラム 2016年5月15日 更新 お気に入り追加 0

妊婦さん必見!産後に起こりうるネイルのトラブルを徹底解明!

1,051 view
妊婦さん必見!産後に起こりうるネイルのトラブルを徹底解明! Itnail編集部

妊婦さんは女性ホルモンのバランスが崩れたり、体の栄養分が不足しがちになったりと、何かとトラブルも多いのが現実です。お肌や髪の毛、そしてネイルも例外ではありません。普段と違った体の中の状態ですから、体の栄養分んでできているお爪にも何らかの変化が出てくるのです。知っていればそのトラブルの受け入れられるでしょう。

産後はヘモグロビンが不足し、貧血になりやすい

 (419925)

【イットネイル】出産は女性にとって大きな節目です。妊娠中や産後には体に大きな変化が現れるのです。産後の貧血の多くは赤血球に多く含まれるヘモグロビンの量の低下してしまう現象です。ヘモグロビンや鉄が不足すると血液に重要な役割である酸素を運ぶ機能がうまく働かなくなります。酸素がじゅぶんに運ばれない場合、息切れやめまい、だるさなどが起こるものです。
また、それ以外に影響を受けやすいのが爪や髪の毛などの末端にあたる部分に影響が出てきます。

産後の貧血により起こるネイルへの影響はこれだ!

 (419928)

よく、産後に抜け毛が増えてしまうのは良く効くと思いますが、それと共にお爪にも影響が出ます。お爪はそもそも体の内側から出てくるものですので体の中の変化によってお爪が弱くなることもあるのです。産後に起こりうるお爪のとラブルを上げてみましょう。

①二枚爪

爪はもともと薄い層が重なり合っている状態です。貧血により酸素の供給がしづらくなることで不足し、爪の先端が薄くはがれてしまい、二枚爪になってしまいます。酸素不足は髪の毛やお爪への優先順位が低くなってしまうことによおり起こるのです。

②爪が割れやすくなる

産後は授乳などもあり、爪に栄養分が十分に行き渡りずらい状態ですのでお爪自体もろくなりやすいです。ですから、お爪の先端が割れたり、亀裂が入ったりというトラブルも起こりえます。
このように産後には体や髪の毛だけでなくお爪にも何かしらのトラブルが起こることを覚えておきましょう。

産後のネイルのトラブルの改善方法

 (419937)

産後は赤ちゃんに栄養も取られ、お爪のトラブルが起こってしまいます。そのようなトラブルはどう改善するのが良いのでしょうか。お爪は体の中から出てくるものですのでまずはお食事の見直しをしましょう。もろくなってしまったお爪に必要な栄養素は鉄分です。鉄分を多く含む食材としては、レバー、赤身のお肉、卵、貝類、大豆製品、海藻類です。栄養の偏りも良くないですので、鉄分に加えて、たんぱく質やビタミン類も加えバランス良くとれるようにしましょう。
また、爪先のマッサージをすることにより血行も良くなるので、忙しい育児の合間でもちょっとした時に取り入れてあげることは改善する近道ですよ。



Itnail編集部