コラム コラム 2018年1月26日 更新 お気に入り追加 0

1色に決められない!だったら2色使いのバイカラーネイルに決まり♡

1,124 view
1色に決められない!だったら2色使いのバイカラーネイルに決まり♡ Itnail編集部

ネイルカラーを選ぶ際に迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。1色にネイルカラーを選べない、そんな人にそんな人におすすめなのがバイカラーネイルです。よりシャープに、スタイリッシュに見え、且つファッションにも合わせやすいバイカラーは、飽きもなく、ネイルをめいっぱい楽しめるのではないでしょうか。小物感覚でネイルを取り入れることでシックなファッションにアクセントをプラスしてくれます。そこで、おすすめバイカラーデザインをご紹介します。

1色にネイルカラーを選べない!

だったら「バイカラーネイル」はいかが?

¡MIRA!

¡MIRA!

ネイルとファッションは切っても切り離せない関係です。ファッションに合わせ、小物感覚でネイルを取り入れてオシャレ上級者の指先を作りませんか。ファッションはその日によってカラーが異なりますよね。

それに合わせてネイルを楽しみたいけれど、ネイルカラーが定まらない、そんな人におすすめなのがバイカラーネイルです。そこで、よりシャープに、スタイリッシュに見え、且つファッションにも合わせやすいバイカラーデザインをご紹介します。

ブルー系

寒色で夏のイメージのブルーネイルですが、実はくすみ肌がすっきり見えると冬にも人気のカラーです。ブルーは、同系色やシルバーなどきりっとした色味と組み合わせることでかっこいい仕上がりになります。落ち着いた印象にしてくれるので大人にぴったりです。
LAURA POMPONNEE 表参道

LAURA POMPONNEE 表参道

色味の異なるブルーを詰め込んでほっこり感のある優しい手元になっていますね。くすみのある色味で仕上げているので肌馴染みも抜群ですよね。バイカラーのシルバーもハードになりすぎることなく、マッチしています。
マムズネイル

マムズネイル

規則的にブルーとブラウンを組み合わせてミステリアスな大人の色気を放つ手元に。一見華やかなカラーですが、統一感があるので都会的な印象に早変わりですね。刺し色感覚でみにつけるのもおすすめです。
BRILLIANCE~ブリリアンス~

BRILLIANCE~ブリリアンス~

キリッとしていて、スタイリッシュなミラーとやわらかなブルー。コントラストが映え相性が抜群ですよね。身につけるだけで気分がアップしますね。いつものフレンチデザインもおしゃれに見せてくれます。

ピンク系

品良くヘルシーに見せてくれるピンクネイルなら、大人でも真似しやすいですよね。色味やトーンを変えてピンクの同系色でまとめることでかわいいだけではないスタイリッシュなバイカラーが完成します。
Spartir

Spartir

バイカラーフレンチの抜け感のある組み合わせが、大人っぽく都会的な指先に変身します。ベースがくすみピンクなので、よりコントラストが映え、すっきりした印象ですね。洗練されたカラーでライティング効果も得られます。
I nails

I nails

やわらかななピンクベージュは、オフィスでも映えるカラーですよね。エッジ部分に鮮やかなピンクを組み合わせることで、爪をよりきれいに見せてくれる効果もあります。あえて装飾なしでも美爪が引き立ちますね。

イエロー系

冬ネイルに取り入れれば、たちまちレトロで大人っぽい指先を演出してくれる「イエロー」。 深みのあるこっくりカラーにすることで、癒しを与えてくれること間違いなし。ヌーディーと組み合わせることで大人っぽく身に着けられます。
fleur.riri

fleur.riri

全体をマットでまとめているので、イエローも肌馴染みのよい仕上がりになっています。オフィスには派手見えするカラーもベージュを合わせることで、やわらかさがプラスされ、シーンを選ばずに身につけることが出来そうですね。
Nail Anvie

Nail Anvie

コロンと丸みを帯びた柔らかな丸フレンチのシルエットが優しくて親しみやすい手元にしてくれます。イエローに合わせてベースにベージュを添えることで、大人っぽさを後押ししてくれていますね。
fleur.riri

fleur.riri

ブラウンとイエローの組み合わせは、いつもより季節感もおしゃれもアップ。ポイントにパールをそえれば、リッチに仕上がりますね。さりげないパールなので、品良く指先を華やかに彩ってくれます。好印象な大人の新定番ネイルですね。

バイカラーネイルでスタイリッシュな手元に

BRILLIANCE~ブリリアンス~

BRILLIANCE~ブリリアンス~

ハッとするようなビビッドカラーや、甘さの際立つパステルカラーなど、1色使いだと主張の強いカラーもバイカラーに仕上げることでぐっと肌馴染みが良くなりますよね。カラーリングの飽きもなく、ネイルをめいっぱい楽しめるのもバイカラーの魅力ではないでしょうか。

いつも同じカラーリングで飽きてしまった人や、試したいカラーが多くある人はぜひバイカラーネイルでスタイリッシュな手元を作ってみてはいかがでしょう。

Itnail編集部