コラム コラム 2016年6月25日 更新 お気に入り追加 1

実は気付いていない?ネイルを綺麗に塗ることができない原因3つ

3,758 view
実は気付いていない?ネイルを綺麗に塗ることができない原因3つ Itnail編集部

セルフネイラーさんに多い悩みに、「マニキュアを綺麗に塗ることができない」というものがあります。綺麗にカラーリングができない原因にはいくつかの要素がありますが、ここでは、多くのセルフネイラーさんが気付けていない原因について、詳しく見ていきたいと思います。

原因①施術前に手を綺麗に洗っていない

 (441296)

【イットネイル】ネイルを綺麗にカラーリングできない原因としてはまず、手を綺麗に洗っていない、という可能性が考えられます。
というのも爪の表面には、皮脂やほこりなど様々な汚れが付着しています。そしてその状態の爪にマニキュアを塗ると、油分にマニキュアがはじかれてムラになったり、ホコリによって爪表面がデコボコになってしまったりするのです。そこでマニキュアを塗る前は、手を綺麗に洗って爪表面を綺麗にしておきましょう。また外出先などで手を洗うのが難しい場合は、ウエットティッシュ等で爪表面を綺麗に拭くだけでも構いません。

原因②爪の表面を綺麗に磨いていない

 (441297)

綺麗にカラーリングができない原因としてはまた、爪の表面がデコボコになっている、という可能性も考えられます。
皆様、ご自身の爪をよく観察してみてください。縦方向や横方向に溝が入っていませんか?
ほとんどの方の爪はその表面に多少の凹凸があるため、そのままの状態でマニキュアを塗ると、ムラになってしまうことがあります。

そこでカラーリングをする前にはヤスリを使い、爪表面がなだらかになるよう整えておきましょう。また爪の凹凸が酷い場合は、ベースコートを二度塗りすることで表面をなめらかにすることができます。

原因③マニキュアをたっぷりつけすぎている

 (441298)

綺麗にカラーリングできない原因としては、マニキュアをたくさんつけすぎている、という可能性も考えられます。
セルフネイル初心者さんの中には、マニキュアを爪にたくさん乗せれば綺麗にカラーリングすることができる、と思われている方がいます。しかしこれは間違いで、マニキュアをたくさん塗りすぎると、爪表面でマニキュアがよれたりずれたりして、ムラになることがあるのです。

そこでマニキュアを塗る際はボトルの縁でいったんハケをしごき、余分なマニキュアを落としてからカラーリングするようにしましょう。薄付きのマニキュアの場合、一度にたっぷり塗るのではなく何度か重ね塗りすることによって綺麗に発色させることができます。



 Itnail編集部