コラム コラム 2016年5月12日 更新 お気に入り追加 0

マニキュアを長持ちさせるのに効果的な3つの方法

991 view
マニキュアを長持ちさせるのに効果的な3つの方法 Itnail編集部

使い始めた頃はサラサラだったマニキュアがいつの間にかドロドロになっていた…。なんて経験、ありませんか!?実はマニキュアは、きちんと管理することでかなり長持ちさせることができます。今回は、お気に入りのマニキュアを長く使い続けるのに効果的な方法について、詳しくご紹介します!

マニキュアは直射日光を避けて保管!

 (403503)

【イットネイル】ここ数年ジェルネイルに押され気味だったマニキュアですが、最近は色々な種類のマニキュアが販売されていることもあってその人気が再燃してきていますよね。ただ、マニキュアには固まりやすい性質があるため、少し前に購入したものをいざ使おうと思ったらドロドロになっていた、なんて経験がある方も少なくないのではないでしょうか。せっかく購入したお気に入りのマニキュア。
できることならばその品質を長く維持したいところですよね。

そこでまずおすすめしたいのが、マニキュアに直射日光を当てないようにするということ。

マニキュアには直射日光が当たるところや気温が高い所においておくと固まりやすいという性質があるため、冷暗所で保存するのがベストなのです。

ネイリストさんの中には、固まりやすいブランドのマニキュアは冷蔵庫で保管している、なんて方もいるんですよ!?

マニキュアを使った後はボトルの口を綺麗に拭こう

 (403506)

マニキュアの品質を維持する為にはまた、ボトル口を綺麗に保つことも大切です。

ネイルアートをする際はボトル口でハケをしごいてマニキュアの量を調節するかと思いますが、そのまま放置していると、ボトル口に付着したマニキュアが乾燥して蓋が空きにくくなったり、蓋をきちんと締めることができずボトルの中に空気が入って中身がドロドロになってしまったりすることがあります。

そこでマニキュアを使った後は、キッチンペーパーに除光液を染み込ませ、ボトル口を綺麗に拭いておくようにしましょう。
※ティッシュを使うと繊維がボトルの中に入ってしまう可能性があるため、キッチンペーパーなど繊維がけば立ちにくいものを使うことをおすすめします。

ドロドロになってしまった時は薄め液を使おう

 (403510)

マニキュアは、きちんと管理をしているつもりでも経年劣化によってドロドロになってしまうことがあります。そういった場合は、市販の「薄め液」を活用しましょう。
マニキュア用の薄め液を入れて中身をかき混ぜることで、買ったばかりの頃のようなさらさらとした質感が復活します。

ちなみに薄め液は100円ショップ等でも販売されていますが、手元に薄め液がなく目の前にあるマニキュアをどうしても復活させたいという場合、目薬を使ってみるといいでしょう。
目薬を数滴加えて混ぜると、薄め液を入れた時と同じようにマニキュアをサラサラにすることができます。急いでいる時や薄め液が手に入らない時は、ぜひ試してみてくださいね!

 

Itnail編集部