コラム コラム 2016年6月9日 更新 お気に入り追加 0

ウェディングネイルの施術タイミングとサロンに頼む場合の注意点

1,089 view
ウェディングネイルの施術タイミングとサロンに頼む場合の注意点 Itnail編集部

ウェディングネイルをネイルサロンに頼む場合の注意点や、施術タイミングに関する注意点はたくさんあります。たとえばネイルサロンでやってもらうタイミングは、結婚式のスケジュールやネイルの種類などによって変わります。何よりも結婚式に間に合うようにすることが大切ですが、あまり早いタイミングでやってもらっても、式の前にネイルがはがれたり色が悪くなる可能性もあります。施術タイミングなどについて心配なことがある場合は、ネイリストに相談しましょう。

ウェディングネイル施術のタイミング

【イットネイル】ネイルの中でも持ちのいいジェルネイルの場合は、一週間ほど前でも大丈夫なことがありますが、できれば2〜3日前がおすすめです。
マニキュアはジェルネイルほど長持ちしませんので、前日か2日前くらいを目安にやっておきましょう。
いずれのネイルにする場合も、家事(特に水仕事)や仕事などで、はがれたり色あせたりしないよう十分な注意が必要です。
 (437435)

ネイルサロンに頼む場合の注意点

・やってほしいイメージを決めておく

普段からいきつけのサロンがある人の場合は、ネイリストの方が本人の好みなどを理解しているので、デザイン決定までに時間はかからないはずです。
しかし、結婚式をきっかけに初めてネイルサロンに行く人の場合は、ネイリストとも初めて会うのでそうもいきません。
指先まで美しい花嫁姿をかなえるためには、花嫁さん自身のお好みや理想をネイルにしっかり反映させたいものです。
ネイルサロンのホームページなどにウェディングネイルのサンプル画像などがあると、指定がしやすくなります。
あるいは、ネイル雑誌の切り抜きや画像などを持っていって、「こんな感じにして欲しい」と伝えるととてもスムーズにデザインが決まります。

・自分の要望を伝える

ウェディングネイルだからといって、誰もが派手なデザインを望んでいるとも限りません。
サロンが初めてという人の中には、遠慮しがちであまり要望を積極的に言えない方も、多くいらっしゃるかと思います。
しかし思ったより派手すぎた・地味すぎたということにならないためにも、「シンプルなデザインにしたい」「指輪の方を引き立たせたい」「ネイルをとにかく目立たせたい」など自分なりの要望を伝えておきましょう。
たとえば、指輪を引き立たせたいのであれば、ネイルのデザインは控えめなものを選ぶことになります。

・ドレスのイメージを伝える

最初にネイルサロンに行くときは、できればドレスの色やデザインが分かる写真を、持っていってネイリストに見せましょう。
どんなにかわいいネイルでも、ウェディングドレスに合っていなければあまり意味がありません。
ドレスのイメージを邪魔しないデザインを避けるためにも、必ずどのようなドレスなのかをネイリストに伝えておきましょう。
式場の雰囲気に合わせたネイルにするためにも、式場の写真などもあれば持って行くといいかもしれません。

予約は早めに

結婚式の日時や会場など、予定が決まったら早めにネイルサロンに予約をしておきましょう。
普段から人気のサロンなどは、予約がいっぱいでなかなか取れないことがあるためです。
ギリギリのタイミングになってからでは、予約自体が取れずに間に合わないこともあります。
5月〜6月ごろは結婚式自体が多くなります。
当然ウェディングネイルの予約も増えるようになりますので、特に注意しましょう。

ネイルサロンが初めてという人でも、ネイルサロン・ネイリストとの信頼関係が大切。
いいサロンを見つけて、結婚式にふさわしいとびきり特別なネイルにしてもらいましょう。



Itnail編集部