コラム コラム 2017年2月11日 更新 お気に入り追加 1

正しい甘皮ケアでネイルを守ろう!

841 view
正しい甘皮ケアでネイルを守ろう! Itnail編集部

甘皮を処理することは、見た目だけでなく、爪へのトラブル回避のメリットもあります。二枚爪や爪が割れやすいといったことも、甘皮の処理を怠ることが原因の場合もあるんですよ。もちろんしっかりとした処理の方法を行わないと、逆にトラブルを招いてしまうこともありますので、正しいケアを身につけなくてはいけません。今回はそんな甘皮処理の正しいケア方法をご紹介いたします。

甘皮を処理するとネイルにどう影響するの?

 (527352)

まず甘皮とはもともと、爪と根元の固定されているところを繋いでいる部分です。これは細菌などの侵入を防ぐ役割を果たしています。

それが必要以上に増えてしまうと、ささくれの原因になってしまったり、爪への必要な水分を取ってしまい、爪が割れやすい・二枚爪などの原因にもなってしまうのです。

乾燥はネイルの大敵です!そうならないために、甘皮のケアは必要となってくるのです。しかし、やりすぎてしまってもいけません。その加減を掴めば、難しいことはないですよ。

簡単なネイルの甘皮処理方法って?

 (527353)

甘皮処理専用のアイテムも販売されていますし、チャレンジしやすい内容かと思います。ドラッグストアやショップでそういった専用のものを使用するのもいいですし、見た目もかわいいものが多いので楽しくケアを始めることが出来ますよ。自身の好みに合わせて楽々ケアを始めてみましょう。

①: 甘皮を柔らかくする。(入浴後でも◎。洗面器などにぬるま湯を用意し指を3分程つけておく方法でもOK。)
②: キューティクルプッシャーなどで根元に向かって円を描くように甘皮を押し上げる。(強くやりすぎないこと)
③: 水で湿らせたガーゼなどで甘皮と爪の表面に張り付いている薄皮を優しく丁寧に落とす。
④: 爪の根元を中心に保湿をする。

これで終了です!保湿するときに使うものも、ネイル専用のものでなくても代用できますよ!お好みの香りのものを使うとリラックスしながらケアができますね。

甘皮処理もやりすぎるとネイルにダメージが!

 (527354)

甘皮の処理は、頻繁に行ってはいけません。10日~2週間ほどあけてケアをするのがちょうどいいくらいです。甘皮の処理はやりすぎてしまうことで、やらない場合よりもトラブルを招いてしまうことになってしまいますので、ほどほどに、を念頭に置き正しくケアしていくことを心がけましょう。自信でタイミングを掴んでしまえば何も難しいことはありません。正しい甘皮の処理を行うことで、美しい爪への第一歩となりますよ。



Itnail編集部