コラム コラム 2016年6月21日 更新 お気に入り追加 0

気になるネイルダイエット!食欲増進&食欲減退するカラーとは?

1,160 view
気になるネイルダイエット!食欲増進&食欲減退するカラーとは? Itnail編集部

夏に向けてダイエットを始めている人も多いはず。その中で食べる量やカロリーを減らす、という方法は一番手っ取り早いですよね。しかしなかなか食欲が減らせないもの事実。そこで四六時中目に入るネイルカラーでダイエットをしてみては?意外とバカにならないネイルの視覚効果のお話です。

色で判断してしまう「美味しそう」の理由

 (441165)

【イットネイル】人間の情報処理能力は何によって判断されていると思いますか?それは視覚です。人間がそこにあるモノを見たとき、視覚83%、聴覚11%、臭覚3.5%、触覚1.5%、味覚1%で判断しているといわれています。
これを食べ物に置き換えると、視覚、いわゆる見た目で美味しそうと判断していることになるのです。目隠しをされて食べても何を食べているのかわからない、ということになります。よくそんなクイズをテレビ番組でやっていますよね。これはいかに視覚にたよっているかを表したゲーム。
つまり、美味しそうと思ってしまう色と美味しそうとは思えない色を覚えておくことで食欲がコントロールできるというわけ。
しかも四六時中、目に入るネイルカラーにそれを利用すればダイエットに効果が現れるという結果になるのです。

黄色とオレンジは食欲増進カラー

 (441166)

基本的に暖色系の色は食欲を増進させる色。赤、オレンジ、黄色がその代表色です。見ただけで胃腸の動きが活発になることが食欲がわく原因。
大手のハンバーガーチェーンは黄色、ドーナツや牛丼屋さんの看板はオレンジになっているはず。これは食欲がそそられるようにこの色になっているのです。
さらに赤と緑のような反対色は、お互いの色が効果的に目立ってしまいます。そのため食欲が増進されるのです。ハンバーグにのった、にんじんとブロッコリーやインゲンなどの組み合わせがその典型。
ダイエット中には反対色の組み合わせや、暖色系の食べ物はあまり食べないほうがいいかもしれません。

青のネイルカラーで食欲減退ダイエット

 (441167)

暖色が食欲を増進させるなら、その逆で寒色系は食欲を減退させる色。青や紫です。紫色のナスが美味しく食べられるのは過去の経験から「これは美味しい」と知っているから。子供にナス嫌いが多いことでうなずけるはず。
青は自然の食べ物の中に存在しない色です。ブルーベリーやナスの紫は過去の経験と、青にほんの少し赤が入っていることから受け入れられているのです。青は自然界に存在しない色のため、美味しくなさそう、と思うというよりは食べ物を連想させない色なのだとか。
そのため青い食べ物は食が進まないということなのです。
そこで青いネイルカラーはダイエットに適しているのです。爪は食事をするときでも目に入ってきますよね。お箸やスプーン越しにでも青が見えることで食欲が減退してしまうはず。もっと気合を入れてダイエットしたいなら、お皿やテーブルクロスも青にしてみるとGOOD。無理なくスリムになるかもしれませんよ。



Itnail編集部