コラム コラム 2017年1月12日 更新 お気に入り追加 0

セルフネイル | ドット柄の上手な描き方

1,839 view
セルフネイル | ドット柄の上手な描き方 Itnail編集部

水玉模様のドットネイルは、色の組み合わせやドットの大きさで、印象がずいぶん変わります。例えば黒と白ならモードに、黒とピンクならパンクに、白とピンクなら甘々になります。大きいドットならアクティブなイメージに、小さいドットなら個性的なイメージになります。けれど、そのドットが上手く描けていなかったら、せっかくのドットネイルが台無しになってしまいます。そこで、上手にドットを描く方法、お教えします!

ホログラムを使って、均等な大きさに

 (525102)

ホログラムを使えば、簡単にドットネイルが出来ます。しかも、1つ買えば全て同じ大きさなので、統一された大きさでネイルが仕上がります。

まずはホログラムを爪の中心に置きます。その上下にもバランスを見ながら置いていきます。ホログラムとホログラムの間の距離と同じ位の距離をあけて、横にまたホログラムを置きます。それを繰り返し行い、水玉模様を作っていきます。

ホログラムは、クリアかトップコートで付けます。ポリッシュの場合は、慎重にホログラムを置いていると乾燥してしまうので、一列ずつ仕上げていくのがおすすめです。

ホログラムを取る時は、爪楊枝などの先端がとがっている物を使えば、取りやすくなります。
ネイルサロンtricia 銀座店

ネイルサロンtricia 銀座店

ドットペンを使って、大きさを調整しながら描く

 (525103)

ドットペンという物を知っていますか?ネイル用品の1つで、その名の通り、ドットを描くためのペンです。先端が金属で出来ていて、ボールが付いているように丸くなっています。拭き取れば何度でも使うことができるものです。

自分でドットを描くので、好きな大きさにすることも、大きさをバラバラに描くことも出来ます。
先端にポリッシュやジェルを付け過ぎると、爪に描いた時に、ポリッシュなどが付き過ぎてしまい、ドットが盛り上がってしまうので注意が必要です。

ドットを描くためだけにドットペンを買うのに抵抗がある場合は、爪楊枝を代用品とすることができます。
はあとねいる

はあとねいる

LOBAL

LOBAL

絆創膏を使って、さっと塗るだけ

 (525104)

家にあるもので簡単に綺麗なドットを描きたいなら、絆創膏がおすすめです。絆創膏のテープの部分に穴が開いているものでしか描けませんが、爪に直接テープの部分の穴がくるように貼り、そのままポリッシュなどを塗るだけです。絆創膏を剥がす時に、ゆっくり剥がさないと、ドットがよれることもあるので気を付ける必要があります。簡単。時短のお手軽ネイルです。

しかし、絆創膏の穴は小さく、穴と穴の間が広いので、控えめで可愛いドットしか描けません。大きいドットや大きさがバラバラなドットは描くことできません。



Itnail編集部