コラム コラム 2016年12月11日 更新 お気に入り追加 0

ジェルネイルの必須アイテム!アセトンリムーバーの基本と注意点

8,643 view
ジェルネイルの必須アイテム!アセトンリムーバーの基本と注意点 Itnail編集部

セルフジェルネイルの必須アイテム、アセトンリムーバー。「アセトン」は、ジェルネイル用ライトで硬化したジェルネイルでも、落としてオフすることができる溶剤のことです。ジェルネイル用のリムーバーは、このアセトンが入っているものが多く、ジェルリムーバーなどとも呼ばれています。アセトンはジェルネイルを落とすのに必要ですが、自爪へのダメージが強いといわれています。使う頻度や、使い方などには十分注意する必要があります。

アセトンの注意点

アセトンの純度が高い物ほど、ジェルを落としやすくなりますが、その分爪へのダメージは強いです。
アセトンは揮発性が高い溶剤なので、使用する際は必ず喚気をして、火気などにも注意するなど、注意点がいくつかあります。
落とせるのはソークオフジェル(ソフトジェル)のみで、ハードジェルは基本的にはアセトンでも落とせません。
マニキュア用の一般的な除光液では、アセトンが入っていても純度が低いため、ジェルを落とすことはできないので注意しましょう。
 (519614)

アセトンのダメージ

人体への毒性はほとんどありあませんが、たくさん・頻繁に使うことで爪へのダメージが積もるので注意が必要です。
これは、爪や皮膚などの油分を大きく奪ってしまうため、爪が乾燥しやすくなるのです。
このため、アセトンを頻繁に使用すると、自爪がどんどん傷んでしまうので注意が必要です。
ジェルネイルをよくしている人が、二枚爪や割れ爪になりやすいのは、アセトンによるダメージのためです。

ジェルネイルは上手く施術をすれば2週間以上持ちますので、2週間以上持たせることができれば、アセトンを頻繁に使用することもないでしょう。
また、アセトン・アセトン入りのリムーバーを使用した後は、必ずキューティクルオイル(ネイルオイル)やハンドクリームなどで丁寧に保湿ケアをしましょう。

ジェルネイルキットのアセトン

ジェルネイルキットにはアセトンリムーバーが入っている事が多いですが、安いキットなどは、まれに入っていないこともあります。
ジェルネイルが無事できても、ジェルネイルを落としたいときにアセトンリムーバーがないと不便ですので、キットにアセトンリムーバーが入っているか確認してから買いましょう。
入っていない場合は、別に自分で購入する必要があります。

ただしキットのアセトンリムーバーは、量が少なくてすぐになくなることが多いです。
オフしたいときにすぐに落とせるように、アセトンリムーバーは余裕を持って買っておきましょう。
 (519615)

ノンアセトンのリムーバー

爪へのダメージに配慮して、アセトンが入っていない、ノンアセトン(アセトンフリー)のリムーバーも販売されるようになりました。
アセトンが入ってないので一見便利ですが、やはりネイルが落ちにくくなるため、落ちないからとゴシゴシこすっているのではあまり意味がありません。
特にラメネイルなどは落ちにくいため、ラメネイルだけはアセトン入りを使うなど、上手な使い分けをおすすめします。

アセトンは必須アイテムですが、同時に爪へのダメージが強い溶剤でもあります。
使い方には十分注意しましょう。



Itnail編集部