コラム コラム 2015年8月16日 更新 お気に入り追加 0

自爪への刺激、大丈夫?洗剤やアセトンによる刺激や乾燥から爪を守ろう

2,170 view
自爪への刺激、大丈夫?洗剤やアセトンによる刺激や乾燥から爪を守ろう Itnail編集部

ネイルを楽しむには、常に自爪をキレイに整えておくことが大切となっています。しかし日常生活の中には、爪や周囲の皮膚に刺激を与え、乾燥の原因となる要因がたくさん隠れています。

洗剤による刺激

【イットネイル】ネイルを楽しむには、常に自爪をキレイに整えておくことが大切となっています。
しかし日常生活の中には、爪や周囲の皮膚に刺激を与え、乾燥の原因となる要因がたくさん隠れています。
 (232861)

たとえば、日常的に使う洗剤による刺激。
洗剤によって刺激を受け乾燥するのは、手の皮膚だけではありません。
実は爪も刺激を受け、乾燥の原因となっているのです。
これは洗剤の種類や成分によってくるのですが、台所洗剤や掃除用洗剤など、使用しないようにするのが難しいものもあります。

このような場合はなるべく使わないようにすることも大切ですが、使うときはゴム手袋などをして直接手に触れないようにすることが大切です。
洗剤を使用した後は爪を保湿し、いたわるケアをしっかりしましょう。
 (232863)

アセトンによる刺激

マニキュアやジェルネイルをオフするリムーバーの種類によっては、アセトンという非常に強力な半面、刺激の強い成分が含まれていることがあります。
アセトンはマニキュアやジェルを落とすと同時に爪表面の油分を奪い、刺激も与えています。

マニキュアはアセトンフリーのリムーバーでも落とすことができますが、ジェルネイルはそうもいきません。
このためジェルネイルを繰り返している人ほど、アセトンの影響を受けやすく、爪がボロボロになりやすいのが現状です。
ジェルネイルはもちのよさがありますので、正しい方法で施術してなるべく長持ちするようにし、アセトンを使う機会を少しでも減らすようにすることも大切です。
 (232868)

ファイリングによる刺激

ジェルネイルはジェルを塗る前に爪を削るファイリングという作業を行います。
またオフの際もファイリングをすることになるため、これらが爪への大きな刺激となり、乾燥を招きます。
長期間継続してジェルネイルを繰り返している人は、爪の再生が間に合わずにどんどん弱くなっていっています。
悪化すると二枚爪や爪甲剥離などに発展することがあります。
 (232869)

他にも自爪への刺激や乾燥の要因はたくさんあります。
さまざまな刺激から爪を守りつつ、常にネイルが映える美しい自爪を保てるよう、自爪をいたわるケアを忘れないようにしましょう。



Itnail編集部