コラム コラム 2017年4月2日 更新 お気に入り追加 0

【 ウォーターマーブルネイル 】はセルフネイルでもトライしたい!

7,826 view
【 ウォーターマーブルネイル 】はセルフネイルでもトライしたい! Itnail編集部

ネイルといえば爪の上でアートを施していくものですが、実は自分であらかじめアートを作りこんで爪に転写するアートがあります。ウォーターマーブルネイルです。一見かなり難しそうで技術をようする柄に見えますが意外と簡単にセルフでもできます!デザインのことからやり方までご紹介いたします。

ウォーターマーブルの特性を生かしたプッチ柄

STUNNING NAIL

STUNNING NAIL

ウォーターマーブルとは読んで字のごとく、水の上にポリッシュを垂らして作りこむアートの事です。

水の上に筆先からポタポタと垂らすこのアートはポリッシュが薄まってしまうという特徴もあるので、自爪を見せたくないのであればポリッシュ選びには気を付けましょう。

そして、この独特の柄を生かしたアートがプッチ柄。ピーコックとはまた違い、かなり大きく色と色同士を塗り分ける事ができるので、柄が簡単に作りやすく、爪を透けさせないために濃いカラーを使って作るとプッチ柄そのものになります!

色のバランスなど、どのように組み合わせればいいか悩んでしまうという方は、お気に入りのスカーフのカラーリングなどを真似して作ると失敗がないのでオススメです。

カラーリングをハッキリさせたデザインも

Private salon Ake nail

Private salon Ake nail

黒や赤といったカラーリングの差がハッキリ出るものにしてあげるのも一つです。

ウォーターマーブルはマーブルをかなり細かく入れてあげる事で、かなり細かい柄にもなりますので、天然石のようなデザインにすることも可能です。そんな時は少しサイケデリックなイメージでコントラストのかなり効いたカラーリングにしたデザインもおすすめです。

1色もとになるカラーを決めて、その他のカラーはそのもとになるカラーと近い色を選べばまとまりが出ます。もちろん、マーブル部分をクッキリ出すために補色は忘れずに入れてあげてくださいね。

実は初心者でも簡単にできるデザイン

Private salon Ake nail

Private salon Ake nail

ウォーターマーブルは実は初心者の人でも簡単にセルフネイルでできるデザインの一つです。

なぜなら、水の上でデザインを作ってからネイルに転写するものなので、気に入った柄ができるまで何度もやり直しができます。水のおかげでなめらかに柄が作れるので、ジェルでドラッグアートをするよりも簡単でなおかつ綺麗に仕上がります。

さらに言うと、ポリッシュでの着色になるのでジェルよりも比較的安価で沢山の色が揃えやすいという点でも初心者ネイラーには優しいことづくしです。セルフでもちょっとこったアートがしたいなと思ったら是非一度試してください。



Itnail編集部