コラム コラム 2017年1月26日 更新 お気に入り追加 0

大切なネイルグッズを長く使うために。各アイテムのお手入れ法を紹介

658 view
大切なネイルグッズを長く使うために。各アイテムのお手入れ法を紹介 Itnail編集部

マニキュアやジェル、ブラシなど、ネイルアートに使うアイテムには色々な種類がありますよね。お気に入りのアイテムは、良い状態を保ちつつ長く使い続けたいものです。ここでは、ネイルグッズを長持ちさせるために知っておきたい、お手入れのやり方についてご紹介します。

マニキュアを長持ちさせるにはどうすればいい?

 (525292)

ひと塗りで自爪を彩ることができるマニキュア。
ただ、マニキュアは空気に触れることで乾燥して固まるため、使っているうちにボトルの中身がドロドロになってしまうことも多いですよね。

マニキュアを保存するときは、以下のような点に注意してみてください。

・ボトルの口についたマニキュアはエタノールなどでその都度除去する
・こまめにボトルを閉めて中身の乾燥を防ぐ
・保存するときは直射日光を避ける

これだけでもマニキュアの寿命がかなり変わってきますので、マニキュア派の方は普段のマニキュアの使い方や保存方法について、もう一度見直してみてください。

ジェルを長持ちさせるにはどうすればいい?

 (525293)

ジェルを長持ちさせるためには、できるだけ紫外線にあてないようにすることが大切です。ジェルはUVライトやLEDライトを照射することによって固まりますので、紫外線などの光を避けることによって中身が固まるのを防ぐわけですね。

「紫外線」というとまず思い浮かぶのは太陽光ですが、紫外線は蛍光灯から降り注ぐ光にも含まれます。そのためジェルネイルをするときはボトルの蓋をこまめに閉めて、中に入っているジェルを光に当てないようにしましょう。

特にジェルを固めるためにライトを照射するときは、注意が必要です。

ネイルブラシを長持ちさせるにはどうすればいい?

 (525294)

ネイルアートの必需品であるブラシですが、久々に使おうと思って出してみたら使えなくなってしまっていた、なんて経験はないでしょうか。

ネイルブラシはとてもデリケートなため、きちんと保管しておかないと使えなくなることがあります。ブラシを保管するときは、以下のような点に注意してみてください。

・ブラシについた汚れは、アセトンなどを使ってしっかり落としておく
・ブラシを保管するときは、筆先が歪まないよう真っ直ぐにし、ブラシが割れないように毛先を揃えておく
・キャップをつけた状態で保管する

筆先が汚れたまま保管をするとブラシの寿命を縮めてしまいますので、ジェルやアクリルパウダーを使ったアートをした後は特に念入りなクリーニングをしてから保管しましょう。



Itnail編集部