コラム コラム 2016年12月22日 更新 お気に入り追加 0

ネイルアートに使えるキッチン用品たち(ようじ、スポンジ、ラップ)

1,009 view
ネイルアートに使えるキッチン用品たち(ようじ、スポンジ、ラップ) Itnail編集部

普段なにげなく使っているキッチングッズの中には、ネイルアートに使えるアイテムがいくつか存在します。その使い方によってはプロ級のアートができるものも…!そこで今回は、キッチンにあるアイテムを使ってネイルアートをする方法をご紹介します。

爪楊枝を使っていろいろなアートを楽しむ

 (523049)

ネイルアートをするうえで意外と難しいのが、細かい線を引いたり、細かい点を描いたりすることです。

そこでおすすめしたいアイテムが「爪楊枝」。

爪楊枝の先にマニキュアやジェルをつけてアートすれば花の輪郭やペイズリー柄など細かい線を引かなければならないデザインも、簡単につくることができます。また爪楊枝の持ち手側にも使いみちはあり、ここにマニキュアなどを付けて爪に真っ直ぐおろせば、綺麗なドット柄を描くことができます。

小さめのドット柄がいいときはそのまま爪楊枝をチョンと押し付け、大きめのドット柄がいいときは爪楊枝で円を描くようにマニキュアをぐるぐる広げていくなど、工夫次第でいろいろなアートができます。

スポンジぽんぽんグラデーションアート

 (523050)

セルフネイラーさんの中には既に実践している方もいるかと思いますが、キッチンにあるスポンジも、ネイルアートで大活躍してくれるアイテムのひとつです。

例えばグラデーションアートをしたいという場合、小さくカットしたスポンジにお好みの色のマニキュアを塗ります。後はこのスポンジを爪に押し付けて模様を転写すれば、グラデーションネイルの完成!

境目をぼかしたり、マニキュアの濃さを調整して何度も塗り重ねたり…といった面倒な工程は一切必要ありません。スポンジを使えば複数色のグラデーション技法を使ったキャンドルネイルも簡単につくれますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ラップでマーブルネイルが思いのまま

 (523051)

食品を保存するときに使うラップも、ネイルアートで活用することができます。天然石ネイルやべっ甲ネイルをつくるときに必要な「マーブル技法」ですが、ラップを使えば、特別な技術がなくても簡単にマーブルアートをすることができるのです。

▼ラップを使ったマーブルアートのやり方
①: ラップを広げ、その上にマニキュアをランダムに落とす。
②: 爪楊枝等を使い、ラップの上のマニキュアを混ぜてマーブル模様をつくる。
③: ラップごと爪に押し付けて、②でつくった模様を転写する。
④: マニキュアが乾いたら、トップを塗って仕上げる。

ラップを使ったマーブルアートは、マニキュアだけでなくジェルネイルでも楽しむことができます。



Itnail編集部