コラム コラム 2016年8月26日 更新 お気に入り追加 1

ジェルポリッシュとは?ジェルネイルとの違いとメリット&デメリット

33,287 view
ジェルポリッシュとは?ジェルネイルとの違いとメリット&デメリット Itnail編集部

ジェルポリッシュって聞いたことありますか?ポリッシュみたいなジェルなんです。セルフネイラーさんにとっては、通常のジェルより扱いやすいという人も多いようです。そんなジェルポリッシュとジェルネイルを比較!ジェルポリッシュのメリットとデメリットを徹底解析しちゃいます!

ジェルポリッシュは爪に優しく使いやすい!

 (469351)

【イットネイル】ジェルポリッシュとはジェルネイルとポリッシュの中間と思ってOK。基本的にポリッシュのようにボトルに入ってブラシ付きになっています。そのためポリッシュを塗る感覚てセルフネイラーさんには扱いやすくて人気。
また通常のジェルネイルよりも爪にダメージが少ない点もメリット。サンディング不要なものが多いのも嬉しい点です。柔軟性が高く、テクスチャーが柔らかめ。薄付きで塗りやすさも通常のジェルとは比べ物にならないほどスムーズ。
厚みがないため、自然なフォルムを求めるのなら、ジェルよりもジェルポリッシュが断然おすすめです。

アートには不向き?持ちは2週間ほど

 (469352)

爪に優しいジェルポリッシュ。しかし爪に優しい=持ちが悪い、ということもいえます。メーカーにもよりますが2週間ほどではがれてくると思ったほうが無難。その点は通常のジェルネイルのほうが持ちはいいでしょう。
またポリッシュタイプのブラシ付きは塗りやすくて楽ですが、アートとなると少し使いにくいのが難点。
例えば、ラメをのせる場合、ジェルポリッシュのブラシを使うとそのブラシにラメが付着してしまいます。そのままボトルに戻すため、ラメがついているとボトルの中にラメが入ってしまうのです。綺麗にブラシを拭き取る作業はかなり入念にしなければいけません。
また柔らかいジェルなので、ラインスートンのトップコートには少々不向き。薄付き過ぎてラインストーンが取れてしまう可能性が高いといえます。

買うならこれ「おすすめジェルポリッシュ3選」

 (469353)

・グランジェ

ジェル、ジェルポリッシュ初心者さんにおすすめしたいアイテム。なんと言ってもムラになりにくいのがおすすめの点です。オフィス使用のシンプルカラーは、シンプルだからこそカラーを綺麗に仕上げたいもの。
またボトルが細長く、握りながら塗れちゃうのがとっても楽チン。スターターキッドのライトはペンタイプなので1本ずつ綺麗に仕上げたい人にはおすすめです。

・ジャクリーンバーチェル

シンガポール生まれのジェルポリッシュは世界5000サロンで使用されているというプロのお墨付き。カラーバリエーションは1000色もあるのだとか。日本国内ではまだ250色だそうですが十分豊富ですよね。
温度によってジェルの発色が変わる、面白いジェルもあり。遊び心重視派にはおすすめです。

・OPI

ご存じOPI。通常のポリッシュと同じカラーを展開しているのでOPI好きには絶対おすすめです。なんと言っても発色の良さはアメリカ老舗ネイルブランドならでは。大人っぽいカラーが好きな人はぜひ。
爪のダメージを最大限抑えることをコンセプトとしているのだそうで、少し持ちは悪いかもしれません。しかし上手くやれば長持ちするはずですよ。

ライトは当然必要になりますが、お手軽なジェルポリッシュにチャレンジしてもっと楽にネイルを楽しんでくださいね。



Itnail編集部