コラム コラム 2016年9月28日 更新 お気に入り追加 0

ネイルデザインのネタ切れになったら?簡単ドットネイルがおすすめ♪

1,318 view
ネイルデザインのネタ切れになったら?簡単ドットネイルがおすすめ♪ Itnail編集部

ネイルデザインは数限りなくあるように思えますが、セルフネイラーさんにとって自分でできるデザイン、しかも失敗しにくいもの、といったらそんなにバリエーションってないはず。もうネタ切れ、そんなときにはぜひドットを取り入れてみては?エレガントにもポップにも仕上がるデザインで意外と万能なんですよ。

大人っぽいドットにするためには?

 (486349)

【イットネイル】ドット、というとどうしてもミニーマウスの洋服などを思い出して「子供っぽくない?」と思う人もいるかもしれません。
しかし昔からパリコレやミラノコレクションなど、高級アパレルブランドにも数多く取り入れられているため、大人ドットももちろんあります。
色と大きさが子供っぽくなってしまうか、アダルトなイメージになるかがポイントです。

マットなカラーで同じ大きさ、均等な配列は比較的子供っぽいかわいい雰囲気に。大きさがばらばらで配列もアットランダムになっていると大人っぽいイメージになりやすいといえます。
ドットの大きさや配列など、ちょっと気にしてドットネイルを作ってみては?

お手軽簡単ホログラムはおすすめアイテム

 (486350)

ドットのようなまん丸ネイルアイテムとしてすぐ思いつくのがホログラム。透明感の高いものからマットなアイテム、さらには大きさも色々。
しかもポリッシュでもジェルでも貼るだけ、のせるだけで簡単にドットが楽しめます。

通常、0.5mm~2mmくらいものがネイルグッズ店で販売されています。
ちなみに、一般的によく使われるのは1mm~1.5mmが主流。2mmになるとかなり大きめです。

透明度の高い1mmほどのホログラムをランダムに並べると上品に、大人っぽいネイルに。
逆にマットな大きめホログラムを均等に並べると可愛らしいデザインになりやすいのでぜひチャレンジを。

ホログラムでフレンチ、囲い込みネイルなどもできるので幅広く使えるはず。
ゴールドやシルバーなどはストーンの代わりになるほどインパクトが強いので、持っていると便利なアイテムといえますよ。

ドットペンがないなら爪楊枝やアメピンで

 (486351)

ポリッシュやジェルで均等な大きさのドットを作る便利な道具、ドットペン。
先端が丸くなっていてまん丸が作りやすくなっているものです。
お気に入りのカラージェルやポリッシュでドットを作りたいときにはおすすめです。
しかし、そんなものがなくても綺麗なドットは作れるのでご安心を。
家にあるもの、爪楊枝、もしくはアメピンで代用可能なんです。

爪楊枝の背の部分、丸くなっていますよね。そこにポリッシュやジェルをつけて爪の表面に軽く乗せてみて。まん丸のドットができているはず。
同じ要領でアメピンのしずく部分を使ってみてくださいね。少し爪楊枝よりも大きめドットができるはず。繊細なドットは爪楊枝の先端を使って。
マットなジェルやポリッシュでポップな印象を与えたいときにはおすすめですよ。

爪の先端、端からライン状や根元部分など、ドットをのせる位置によってもイメージが変わるはず。
自分で色々試してみるのも楽しいですよ。



Itnail編集部