コラム コラム 2016年4月17日 更新 お気に入り追加 0

ほんのひと手間で指先美人が続く!?ジェルネイルを劇的に長持ちさせるのに効果的な方法3つ

7,308 view
ほんのひと手間で指先美人が続く!?ジェルネイルを劇的に長持ちさせるのに効果的な方法3つ Itnail編集部

せっかく時間をかけて完成させたジェルネイルも、日頃のケアを怠ればあっという間にリフトしてべリッと剥げてしまう・・・、なんてことになりかねません。ジェルネイルのもちを良くすることは自爪への負担を軽減することにもつながりますので、その方法についてしっかりマスターしておきましょう。

爪のまわりを乾燥させないようにしよう

 (388180)

【イットネイル】3週間から1か月程度はもつジェルネイルですが、日頃のケアを怠ると、アートをして数日後にベリッと剥がれてしまう、なんてこともあります。そして厄介なことに、ジェルネイルが剥がれる時には一緒に爪の表面も剥がれてしまいます。
つまりジェルのもちが悪くなるということは、それだけ自爪に負担をかけるということでもあるわけですね

では、ジェルを長持ちさせるにはどうすればいいのでしょうか。
まずおすすめしたいのは、爪のまわり(爪の両側や甘皮)の保湿をする、という方法です。爪のまわりが乾燥しているとそこからリフトしやすくなってしまいますので、1日1回はキューティクルオイルやクリームを塗り、しっかりと保湿して乾燥を予防しましょう。

水仕事をするときは手袋をつけるようにしよう

 (388183)

ジェルネイルを長持ちさせるには、爪先を長時間水に浸さないことも大切です。
というのも水分はジェルネイルの大敵で、長い時間水の中に指を浸していると、リフトしやすくなってしまうのです。

そこで洗い物や掃除など水仕事をする際は、ゴム手袋をつけるようにしましょう。
また米をとぐときや料理をする時など爪に負荷がかかる恐れがあることをするときも、米とぎ棒や手袋を使うなどして爪にかかる負担を極力減らすことが大切です。

1週間に1度はトップコートを塗ろう

 (388186)

ジェルネイルのもちを良くするには、こまめにトップコートを塗るというのもおすすめです。
爪が伸びてくるとジェルネイルの土台となる自爪の形が少しずつ変わってくるため、端っこの方からリフトしやすくなってきます。そしてそこから水分や油分が侵入すると、あっという間にベリッと剥がれてしまうこともあるのです。

この点、こまめにトップコートを塗っていれば自爪から浮いてこようとするジェルを抑え、リフトを防ぐことができます。また、トップコートを塗ることにはネイルの偏食を予防する効果も期待できます。
トップコートを塗るのは1週間に1回程度の頻度で十分ですので、いつもサロンで施術をしてもらっているという方も、週に一度は自宅でトップコートを使ったメンテナンスをするようにしましょう。

 

Itnail編集部