コラム コラム 2018年4月12日 更新 お気に入り追加 0

爪上の芸術。 ジャクソン・ポロックを感じさせる アブストラクトなネイルアート

481 view
爪上の芸術。 ジャクソン・ポロックを感じさせる アブストラクトなネイルアート Itnail編集部

多くの人に愛されるアーティスト、ジャクソン・ポロック。彼の画風を感じさせるネイルが、とってもお洒落なんです。色の組み合わせや筆のタッチによってデザインのバリエーションが無限大に広がる、このデザイン。この記事では、注目のジャクソン・ポロックの作品を感じさせるネイルデザインをご紹介します。

ジャクソン・ポロックを感じさせるネイルとは?

OCO nail

OCO nail

ジャクソン・ポロックは、20世紀に活躍したアメリカの画家です。彼の画法は独特で、「アクション・ペインティング」と呼ばれることもあります。床に広げたキャンバスにコテや刷毛を使って塗料を落とす「ドリッピング」や、細いラインをいくつも重ねて描く「ポーリング」という技法を用いて、キャンバス全面に独特のアートをしていくのです。

そんなジャクソン・ポロックの画法を感じさせるアブストラクトなデザインが、ネイルにも取り入れられるようになっています。
ジェルやマニキュアを落としたりランダムにラインを描いたりするだけならば、セルフでもアートできそう。
+S (北海道札幌市)

+S (北海道札幌市)

ラメを使ったジャクソン・ポロック風ネイル

+S (北海道札幌市)

+S (北海道札幌市)

ジャクソン・ポロック風ネイルは、ラメやホイルでもアートすることができます。

例えばラメを使う場合、細切りタイプのラメで爪全体を埋め尽くしてみてはいかがでしょうか。
ブラシを使ってアートするのが難しい場合でも、ラメを乗せるだけであれば簡単にアートできますよね。
また、4~5種類のホイルをランダムに転写して、ジャクソン・ポロック風ネイルに仕上げるのもおすすめです。

基本のアートはマニキュアやジェルをベースのデザインとしつつ、ポイントで細切りラメやホイルをあしらうのもおすすめです。
Dolce.Nail (埼玉)

Dolce.Nail (埼玉)

控えめジャクソン・ポロック風ネイルも可愛い

BRILLIANCE~ブリリアンス~

BRILLIANCE~ブリリアンス~

キャンバス全体にドリッピングやポーリングの技法を用い、点とラインで埋め尽くすデザインを基本形とするジャクソン・ポロックの作品。これをネイルに表現するときは、やや控えめにアートしてみるのもおすすめです。

例えば、ベースをクリアホワイトにして、バランスを見つつランダムにマニキュアやジェルを落としていく、というのはいかがでしょうか。
アートの隙間からベースがいい感じにのぞいて、上品なデザインに仕上がります。
同じジャクソン・ポロック風のアートでも、ベースカラーが変わると全く違った雰囲気になります。お好みのカラーで試してみてください。


Itnail編集部