コラム コラム 2016年9月19日 更新 お気に入り追加 0

花嫁さん必見!結婚式ネイルの基本マナーをおさらい!

549 view
花嫁さん必見!結婚式ネイルの基本マナーをおさらい! Erica

彼との結婚式が待ち遠しい…。ところで準備は万端ですか?ネイルも完璧?きちんとドレスに合わせてネイルも整えないと、バランス悪くみえてしまいますよ!今回は「結婚式ネイル」の基本マナーをご紹介してまいります。

ネイルは完璧?

 (487445)

【イットネイル】今月は、いよいよ結婚式!
彼と話し合いながら準備を進めている、この時間がたまらなく幸せ、とほっこりとした気持ちになっている花嫁さんが多いことでしょう。

しかし、すっぴん爪のまま式に臨もうとしているなら、今すぐネイルサロンへ行かないと!
いくらドレスがキレイでも手元がすっぴんのままでは、盛り上がりが欠けてしまいます。

そこで今回は、結婚式ネイルの基本マナーをご紹介いたします。

すっぴんのままはNG

 (487448)

いつもと違う特別な日。

だからこそ、派手なデザインを避けようと、すっぴん爪のまま、ドレスに挑もうとする人がいますが、あなたは、あくまでも結婚式の主役。そこまで控える必要はありません。むしろ、すっぴん爪のまま、結婚式に臨むことは、マナー違反とみなされる場合も。

親族として参加するゲストならトップコートとベースコートを塗るくらいで構いませんが、主役の場合は、さすがに手元が寂しくみえてしまいます。

ネイルサロンへ行くなり、自分でチップを用意するなりして、何かしらの工夫はしましょう。

ドレスの色に合わせる

 (487451)

一番簡単な方法としては、ドレスの色にネイルを合わせること。
たとえば白しか着ない場合は、白系のものを、カラードレスを着る場合は、その色と白を上手く織り交ぜたデザインを選ぶと、手元がほどよく華やかにみえます。

またドレスだけでなく和装をする場合も、ある程度は色を合わせる必要があります。

和風なデザインに合わせると、今度はドレスに合わなくなってしまうため、できればドレスに似合うデザインを選びつつ、和装をしたときに違和感のないものを選ぶと、丁度いいかも!

手元だけが華やかにみえすぎないように、ネイリストさんとも相談してみて!

濃い色よりも淡い色を選ぶ

 (487454)

花嫁ネイルを選ぶコツとしては、赤や黒といった濃い色よりも、パールホワイトやピンクベージュのように淡い色を選ぶといいでしょう。

いくら自分が主役とはいえ、手元を濃くすると、どこか上品さが欠けてしまいます。
結婚式当日は個性をみせる場所ではなく、純白なイメージを基本的には崩さないようにドレスもネイルも選んでいきます。

この日だけは自分の好みでネイルを決めるのではなく、清楚な花嫁さんにみえるように、マナーの範囲でお上品なデザインを選びましょう。

ネイリストさんはもちろんのこと、すでに結婚している友人やお母さんやおばあちゃんなど人生の先輩たちにも意見を求めながら決めていくといいですよ!

花嫁さんもマナーを守って!

 (487457)

結婚式は、ゲストだけではなく主役である花嫁さんも、きちんとマナーを守らなければいけません。

一生の中でも大事なイベントであるからこそ、ネイル選びも失敗してはいけないのです。

自分だけで勝手にデザインを決めるのではなく、周りとよく相談しながら、ドレスに合うデザインを探してみて!