コラム コラム 2017年3月5日 更新 お気に入り追加 0

【ネイルシールを長持ちさせるコツ】不自然にならない方法とは?

1,538 view
【ネイルシールを長持ちさせるコツ】不自然にならない方法とは? Itnail編集部

忙しいときやアートが難しく感じるデザインでも、ネイルシールがあれば、簡単にネイルを完成できます。しかし一見簡単に見えるネイルシールも、きれいに貼らないと仕上がりが雑になるのは同じ。特に爪全面に使うネイルシールの場合、雑な貼り方ですと不自然な仕上がりになり、「いかにもネイルシールを貼っている」ような見た目になってしまって、かなりチープな印象を与えることも。長持ちさせるには貼り方はもちろん、ちょっとした下準備も必要です。

ネイルシールを貼りやすくするには?

ドライヤーを使う方法が有名です。
硬さのあるネイルシールの場合は、ドライヤーの熱風を少しあててあげると、やわらかくなって貼りやすくなります。
また貼ったあとにもドライヤーをあてることで、定着しやすくなります。
ただしやけどの恐れがあるので、必ず熱風を爪に近づけすぎないようにしてくださいね。
 (527817)

ネイルシールを長持ちさせるには?

大半のネイルシールは、1週間以上の使用を避けるように書かれており、ジェルネイルほど長持ちさせることができません。
仕事をしている人による週末だけのネイルなど、すぐにネイルが不要になるケースをのぞいて、それでも最低3日〜5日間くらいは持たせておきたいもの。
 (527820)

●手を洗って爪をきれいに
何の準備もなく、いきなりシールを貼るのはおすすめできません。
まずは、手をきれいに洗いましょう。
また爪についた油分・水分を除くために、コットンなどに徐行液をつけてすべての爪を拭いておきます。
汚れなどが残っていると、シールが剥がれやすくなります。

●ピンセットを使う
どのようなタイプのネイルシールでも、台紙から剥がす際はピンセットを使って丁寧に剥がします。
手で剥がすと、粘着面に汚れや油分がつきやすいのでやめましょう。

●トップコートを塗る
先端から剥がれることが多いので、エッジまでしっかりトップコートを塗っておきます。
最近はトップコート不要になっているネイルシールもあるのですが、長持ちさせたいのであればぜひトップコートを塗っておきましょう。

シワができてしまったら?

貼ったあとにシワがあることに気づいたら、思わずシールを剥がしたくなると思います。
しかし、シールの上からラメやホログラムを使ってアレンジする方法もあります。
ある程度は、シワやよれなどをごまかすことができます。

ポイント使いのネイルシール

 (527825)

ベースに好きなカラーを塗った上で、アートの代わりにベースカラーの上に貼りつけるタイプです。
爪全面ではなく部分的に使うタイプなので、ベースカラーに好きな色を使えるのも便利です。
ただし小さいものが多いので、破れたり貼れなくなったりしないよう、扱いには十分な注意が必要です。

台紙からは手で剥がそうとせず、必ずピンセットを使いましょう。
爪に貼ったあとは、ウッドスティックなどで丁寧にこするように密着させ、空気を抜きましょう。
仕上げにトップコートを厚めに塗ると、長持ちしやすくなります。

マニキュアやジェルネイルよりも簡単・お手軽に思われるネイルシールですが、きれいに貼るにはいくつかの注意点があります。
上手く貼れるようになれば、セルフネイルの幅もきっと大きく広まりますよ。



Itnail編集部