コラム コラム 2016年7月18日 更新 お気に入り追加 0

「一層残し」で自爪を傷めずジェルネイルを楽しもう!

2,585 view
「一層残し」で自爪を傷めずジェルネイルを楽しもう! Itnail編集部

何度もジェルネイルのオフを繰り返していると、自爪の傷みがどんどん酷くなってきますよね。そこでおすすめしたいのが「一層残し」という方法です。ここでは、「一層残し」とは何なのか、そのメリットややり方について詳しくご紹介します。

ジェルのデメリットはオフに時間がかかること!

 (441320)

【イットネイル】セルフでも簡単に施術できてアートが長持ちするジェルネイルですが、ひとつ大きなデメリットがありますよね。そう、オフする際に時間と手間がかかることです。またジェルをオフする際に使うアセトンは爪にとても大きな負担をかけるため、何度も繰り返しジェルネイルをオフしていると、ダメージが蓄積されて爪が折れやすくなったり薄くなったりすることもあります。長くネイルアートを楽しむためにも、自爪にはできるだけ負担をかけないようにしたいですよね。

自爪の傷みが気になるなら「一層残し」がおすすめ

 (441321)

そこでおすすめしたいのが、「一層残し」という方法です。

ジェルネイルをオフする場合、通常であれば【サンディング→アセトンで溶かす→爪表面のジェルを除去】という手順で作業を進めていくかと思います。これに対して「一層残し」の場合、透明な部分のみを残しカラージェルを全て削り落とします。

そう、一層残しではベースジェル一層のみを残し、次のアートはその上に重ね塗りしていくわけですね。この方法ではアセトンを使わないため自爪にはほとんど負担がかかりませんし、ジェルを溶かす時間がいらないためオフにかかる時間を短縮することもできます。

ただしサンディングをする際は、自爪まで削ってしまわないよう十分注意しましょう。

リフトしている場合は注意が必要!

 (441322)

自爪を傷つけずジェルネイルをオフすることができる「一層残し」ですが、ジェルネイルがリフトしている場合は、本来の方法(アセトンを使った方法)でオフすることをおすすめします。

というのもジェルが浮いているとその部分から細菌や雑菌が侵入している可能性があり、その状態の爪に新たなジェルを重ね塗りすると、その中で細菌等が繁殖して感染症を起こしたり、グリーンネイルになったりする可能性があるのです。

ジェルネイルをする際は衛生面に十分注意する必要がありますので、少しでもリフトしている場合はその部分がなくなるまでファイリングするか、アセトンを使って完全にオフしておくようにしましょう。



Itnail編集部