コラム コラム 2016年2月21日 更新 お気に入り追加 0

ジェルネイル初心者にありがち!ジェルに気泡が入る原因とキレイに塗るコツをレクチャー♪

9,864 view
ジェルネイル初心者にありがち!ジェルに気泡が入る原因とキレイに塗るコツをレクチャー♪ Itnail編集部

キレイに塗れたと思ったジェルネイル。「よく見たら気泡が入ってる!」なんてことありませんか? セルフでジェルネイルを始めた初心者にありがちな「ジェルに気泡が入る」という失敗。塗るときにちょっと気を付けるだけで気泡は防止できます。硬化する前ならリペアもできます♪ ジェルに気泡が入る原因と対策を知って、セルフジェルの仕上がりをランクアップさせましょう!

どうして気泡が入るの?ジェルに気泡が入る原因

【イットネイル】ジェルに気泡が入ると残念な仕上がりになってしまいますね。初心者のうちは気泡が入りやすいと言われます。
では、気泡が入ってしまう原因は何が挙げられるのでしょう?

・ジェルを勢いよく混ぜている

カラージェルやラメ入りのジェルは塗る前に攪拌する必要があるものがあります。
スパチュラや爪楊枝で混ぜるとき勢いよく混ぜるとジェル自体に気泡が入ってしまいます。

・ジェルを筆にとるときに何度もつけたり勢いよくすくっている

ジェルを筆にとるときに何度も筆をつっこんだり、混ぜるように筆を入れてしまうと気泡ができやすくなります。
 (389081)

ボトルの中のジェルに泡が立たないよう静かに扱う

ボトルの中でジェルに気泡が入ってしまうと塗る度に気泡を気にしなくてはならず厄介です。ジェルに気泡が入ってしまう原因はジェルの扱い方にあります。なるべく気泡が入らないように優しく静かに扱いましょう。
ジェルを攪拌するときは、のの字を書くように静かに混ぜます。筆にジェルをとるときはそっとすくってください。

それでも気泡が入ってしまったら?

ジェルを塗る時は力を入れ過ぎないように優しい筆使いを心がけましょう。
気を付けていてもジェルを塗ったときに気泡が入ってしまうことがあります。そんな時は、筆で爪の先まで気泡をすべらせて消します。
とくにトップジェルを塗るときにストーンの周りで気泡が入りやすくなります。大きい気泡は爪楊枝でつついて消す方法もあります。
細かい気泡がたくさん入ってしまったら、硬化する前ならトップジェルを一度拭き取ってしまうのもいいでしょう。エタノールをキッチンペーパーにふくませて拭き取り、トップジェルを塗りなおしてください。

ジェルを塗るときは一つ一つの作業を丁寧に!

セルフのジェルネイルは一つ一つの工程を丁寧に行うことで、仕上がりに差が出ます。
とくにトップジェルは最後の工程だけに集中力が切れがち。硬化する前にはみ出しがないか、気泡が入ってないか、しっかりと確認して、キレイな仕上がりを目指してくださいね。



Itnail編集部