コラム コラム 2015年10月27日 更新 お気に入り追加 0

えっ?!ジェルネイルで巻き爪になる?

1,911 view
えっ?!ジェルネイルで巻き爪になる? Itnail編集部

ジェルネイルを繰り返していると、巻き爪になりやすい――。ちまたで囁かれているこの噂は、あながち嘘ではないようです。

ジェルネイルと巻き爪の関係

【イットネイル】ジェルネイルを繰り返していると、巻き爪になりやすい――。
ちまたで囁かれているこの噂は、あながち嘘ではないようです。
地爪にピッタリと定着して、基本的に剥がれないまま、約1ヶ月はキープできる。これは、むしろ、ジェルネイルの長所なのですが、その間、地爪は、徐々にだけれど、巻かれる傾向があると言います。
また、ラウンドやスクエアオフといった爪の形も巻き爪の原因に。ここに定着の良いジェルの要素が加わって、より巻きやすい状態をつくり出していると考えられます。
 (282960)

巻き爪になりやすい爪

一般的に爪の薄い人・長い人は巻き爪になりやすいと言われています。巻き爪というと「痛い!」というイメージがありますが、手の場合は、足のように、痛みを伴うものではありません。むしろ、適度な巻き爪・Cカーブは爪に強度をもたらすもの。ただ、爪の薄い人・弱い人が巻き爪になった場合は、ジェルネイルが先端から剥がれてきてしまうのです。
このような現象が見受けられる場合は、爪の形を短めのラウンドに整えるとよいでしょう。引っかかりが減少して、剥がれ落ちも回避できます。

お直しの繰り返しに要注意

ジェルネイルのお直しを何度も繰り返していると、いちばん下の層(初回につけたジェル)は何ヶ月も爪についたままの状態。と言うことは、初回につけたジェルは、いちばん内部で硬くなって、巻き爪の発生率を高めているのです。
これは、フットのジェルネイルも同じ状況。足は手よりもジェルが長い期間ついている、かつ、靴を履くので、巻き爪が悪化しやすいのです。
フットの場合は、手とは逆で、スクエア型がオススメです。常に短く整えることで、巻き爪防止につながります。

最後に

いかがでしたか? おさらいすると、ジェルネイルの巻き爪対策には、手はラウンドに、足はスクエアに。どちらも長過ぎず、短か過ぎず、適度な長さをキープしましょう。
なお、既に巻き爪という方には、フットのジェルはオススメしません。



Itnail編集部