コラム コラム 2016年5月23日 更新 お気に入り追加 0

紫外線だけじゃない!ジェルネイルが濁る/黄ばむ理由

5,177 view
紫外線だけじゃない!ジェルネイルが濁る/黄ばむ理由 Itnail編集部

ジェルネイルが2週間目あたりからなんとなく黄ばんでいるように見える、そう思っている人、多いはず。確かに、4週間もジェルをつけっぱなしなのだから、多少紫外線による変色はあってあたりまえ。でもそれだけではない、ツヤがなくなって濁る、とかなぜか黒ずむ理由があるんです。

身のまわりのものの色がジェルネイルにくっついちゃう!

 (422182)

【イットネイル】ジェルネイルの特性の一つとして、色移りしやすい、というのがあります。ジェルネイルの先端がなんとなく黒ずんでいる、なんていうことありませんか?それ、生活しているうちにあなたの触ったものの色がジェルネイルにくっついてしまうんです。
特に、デニムやバックなどの革製品、新聞のインクなどがジェルに色が移りやすいといわれています。新聞広告の色とりどりの色が消しゴムや、ビニール製品にくっついてしまったのを見たことがありませんか?それと同じことがジェルネイルにもおきてしまうのです。
古新聞などから再生されているダンボールなども色移りの原因になっています。

ジェルのツヤがなくなる、濁るのはなぜ?

 (422186)

施術当初、ジェルはツヤツヤのはず。しかし生活しているとそのツヤも減少してきます。もちろん、手を使う、ということは摩擦が起きているため、小さな傷がジェルネイルにできてつやが減ってしまう場合も多いでしょう。でもそれ以外に濁る原因があるのです。
それは洗剤やオイルクレンジング、温泉の成分や入浴剤などです。これらにはジェルネイルの表面を少し溶かしてしまう成分があるようです。特に水まわり用の洗剤はひじょうに洗浄力が強く、ジェルが濁ってしまうことが多いといわれています。
一度表面が解けてしまうと新しくジェルを乗せない限り、ツヤは復活しません。

ジェルネイルを美しく保つためにはトップコート

 (422189)

ジェルネイルをいつまでもツヤツヤで美しく保つためには、ぜひトップコートを使ってみて。日常生活でできる細かい傷からジェルを守るだけでなく、色移り、洗剤などの溶解から守ってくれます。
また週に1度くらいトップコートを塗りなおすとさらにジェルがきれいに保てるはず。たとえ、革製品や新聞紙などから色移りしてもトップコートに移っているだけなので、トップコートを落とせばキレイなジェルのまま。洗剤などの溶解もトップコートが溶けるだけなのでまた塗りなおせばいいのです。オススメはUVトップコートです。紫外線からもジェルを守ってくれます。
これから夏にむけて白やパステルカラーにチャレンジしたくなる季節。乳白色系は焼けやすい色なのでぜひUVトップコートで変色、濁りからジェルを守って!
いつまでもキレイなネイルを長持ちさせましょうね。



Itnail編集部