コラム コラム 2016年5月25日 更新 お気に入り追加 0

爪の裏は雑菌が大量繁殖してる…ネイルブラシを使うべし!

3,337 view
爪の裏は雑菌が大量繁殖してる…ネイルブラシを使うべし! Itnail編集部

ネイルファッションが定着している今、すべてネイルサロンにおまかせで自分で爪を切らない、削らない人も多いはず。しかもジェルネイルをしていたら1ヶ月ほど爪を伸ばしたままのはず。爪が伸びるとそのぶん爪裏の面積が増え、ばい菌が増殖しているんです。思っている以上に不衛生な爪の裏のお話です。

トイレより汚い手のひら、でも爪の裏はもっと汚い

 (401976)

【イットネイル】とある研究調査機関で手のひらの微生物検査を行ったところ、手のひらは一般的なトイレの便座と比較して約5倍もの微生物が生息していることがわかったのだとか。自分の手のひらに便座の5倍もの雑菌が繁殖しているなんてかなり不潔!さらに爪の裏はトイレの便座の10倍の雑菌が繁殖しているのだそう。爪の裏ってかなり不衛生ですよね。
しかも爪の長さ2mm以下と2mm以上で比較したところ、2mm以上の人のほうが以下の人に対し、1.9倍ものばい菌がいるとのこと。爪の裏がどれほど汚いかわかりますよね。
ちなみに人は4週間で約2mmほど爪が伸びるとわれ、ジェルネイルを4週間すると2mmほど伸びていることになります。ジェルオフをするタイミングでは爪は雑菌だらけの状態、というわけ。

爪の裏のごみ、楊枝でほじるのはNG

 (401979)

よく爪の裏に見えるゴミがつまてしまったら、楊枝など先端がとがったものでほじくり返している人がいますが、これ絶対にNG。
爪の裏には爪下皮、ハイポキニウムと言われる皮があるのは見たことがありますか?爪が常に短い人はみたことがないかもしれませんが、少々伸ばしている人なら爪の裏に皮がくっついているのがわかるはず。そのハイポキニウム、爪と指、皮膚をつなぐ役割をしています。楊枝などでつついてそのハイポキニウムに傷を付けてしまうと爪と指の間に雑菌が侵入してしまうのです。雑菌が侵入すると炎症を起こしてしまったり、爪が皮膚によって支えれなくなるため折れやすくなります。
また楊枝のような先端のとがったものは傷を付けやすいため、知らないうちに傷ができていることも。爪の裏をほじるのは絶対にNGなのです。

ネイルブラシ&ソープで優しく雑菌除去を

 (401982)

不衛生な爪の裏を清潔にするにはネイルブラシが一番手っ取り早くておすすめ。100均でも買えますし、歯ブラシなどでもOK。ブラシの先端に石鹸やハンドソープなどを付け、軽くブラッシングするだけ。ゴシゴシ擦る過ぎるとハイポキニウムを傷つけてしまうので気をつけて。最後はきちんと洗いながしましょう。
また消毒液もおすすめ。しかしただのエタノールでは肌が乾燥しやすいので、ハンド用の乾燥しにくい消毒液を使って。指先、爪裏、手のひらなど手全体に行き渡るように塗ってくださいね。
長い爪は不衛生と思われがち。きちんとした除菌を行うことでロングネイルでも清潔に心がけましょうね。



Itnail編集部