コラム コラム 2017年2月4日 更新 お気に入り追加 0

自爪を傷めないジェルネイル▷正しいオフ&ケアでトラブルフリーに♪

1,869 view
自爪を傷めないジェルネイル▷正しいオフ&ケアでトラブルフリーに♪ Itnail編集部

「ジェルネイルをすると爪が薄くなる」と思われがちですが、セルフネイルでも正しいオフやケアを守ることで、きれいな爪を保つことができます。ジェルネイル施術のときにあてる硬化ライトが、いつもより熱く感じたら、自爪が痛み出しているサインです。ネイルサロンに相談するのはもちろん、自分でできる対処法もあります。今回はジェルネイルに関して、爪の痛みを防止する方法や万が一、爪が傷んでしまったときにおすすめの対処法などを紹介します。

セルフジェルネイルで爪が傷まないようにするには?

セルフジェルネイルをしている人は、特に以下のようなことに注意してください。

●爪を削り過ぎない

ジェルネイルは施術のときに爪を削ることが多く、このときに削りすぎていると自爪があっという間に薄くなっていきます。
削りすぎにはくれぐれも注意しましょう。

●オフ後のケアに注意

ジェルネイルのオフが終わったら、必ず爪を保湿してあげましょう。
オフに使うリムーバーは、爪に強いダメージを与えて乾燥させます。
オフが終わった後にこのような乾燥を放置していると、爪はどんどん傷んでいきますし、次にジェルネイルをしたときに持ちが悪くなることも。
ぼろぼろ爪を防止するためにも、キューティクルオイルやハンドクリームによる保湿ケアは欠かさないようにしましょう。
 (526130)

●削らないジェルネイルを選ぶ

最近は、自爪を削らなくても塗れるタイプのジェルネイルも増えています。
爪が弱ってきたと感じるときや、爪を削るのが面倒な方にもおすすめです。
またオフが簡単なジェルネイルなど、現在のジェルネイルは種類もさまざま。
ジェルネイルに必要な時間や手間を省くこともできます。
必要に応じて、普通のジェルネイルと使い分けるのもいいでしょう。

「爪が傷んだ」と感じるときは?

自爪が傷むとライトの熱が熱いと感じるようになったり、時にはお湯や水がしみることもあります。
それ以外にも自爪が傷んでいると感じたときは、しばらくはネイルをお休みして、自爪をいたわってあげる必要があります。
 (526139)

●ジェルネイルをお休みする

できればジェルネイルはお休みして、爪のリセット期間を作りましょう。
お休み期間の目安は、だいたい2週間〜3週間ほど。
この期間中にしっかりケアをしておくことで、自爪の状態をリセットできます。
また爪が傷んでいないときでも、どうしても必要なとき以外はジェルネイルを控えて適度にお休み期間を設けることで、自爪の痛みを防ぐことができます。

●補強剤や爪美容液を塗っておく

市販の爪補強剤や、爪用の美容液を定期的に塗って、自爪を強くしてあげましょう。
爪専用に作られていますから、保湿する成分はもちろん、丈夫な爪を作るための栄養も含まれています。
またこれら以外にも、トップコートを塗っておいて、日中の自爪を補強することもできます。
自宅にいるときは、こまめな保湿をして痛んだ爪の回復を助けてあげましょう。

ジェルネイルは正しくケアやオフをすることで、自爪を傷ませることなく楽しむことができます。
傷んだと感じたときは、ぜひ試してみてください。

Itnail編集部