コラム コラム 2016年9月4日 更新 お気に入り追加 0

ネイルのトラブルにさようなら!自爪を強くするのに効果的な方法3つ

1,432 view
ネイルのトラブルにさようなら!自爪を強くするのに効果的な方法3つ Itnail編集部

爪が脆くなってくると、軽くぶつけたりひっかけたりするだけでも爪が割れてしまうようになります。では、爪を強くするにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、強い爪を育てるのに効果的な方法について、詳しくご紹介します!

強い爪を育てるには潤い補給を!

 (469385)

【イットネイル】爪は、根元部分にある「爪母」という場所で作られています。爪母を構成している細胞がどんどん細胞分裂を繰り返すことによって、爪が成長していくわけですね。そしてこの爪母をつくっている細胞は、肌細胞の一種です。

そう、爪はお肌の一部分であるわけですね。

そこでおすすめしたいのが、十分な保湿ケアです。というのも人の肌細胞は乾燥するとその組織が脆くなってしまうため、強い爪を育てるにはそのもととなる細胞に潤いを補給してあげる必要があるのです。

指先の保湿にはキューティクルオイルやハンドクリームを使ったケアが効果的ですので、日々のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

食生活を改善して内側からもケア!

 (469386)

強い爪を育てるには、食生活の改善にも取り組む必要があります。

皆様は普段、外食ばかりしていませんか?
ダイエットのためといって、たんぱく質の摂取を避けていませんか?

爪のもととなる肌細胞は、たんぱく質からつくられています。そのためたんぱく質の摂取量が不足すると質のいい細胞がつくられなくなり、爪がもろくなってしまうのです。強い爪を育てるためには質のいいたんぱく質を摂取することが必要不可欠ですので、豆腐や豆類などに含まれる植物性たんぱく質と肉類や魚類に含まれる動物性たんぱく質をバランスよく摂取するようにしましょう。

また肌細胞を健康に保つためには、ビタミン類(特にビタミンCやビタミンA)を摂取することも大切です。

睡眠をたっぷりとって強い爪を育てる!

 (469387)

強い爪を育てるには、睡眠をたっぷりととることも大切です。

爪のもととなる肌細胞が成長するためには「成長ホルモン」の作用が必要不可欠なのですが、この成長ホルモンは、そのほとんどが寝ている間に分泌されています。そのため睡眠不足状態が続いていると十分な量の成長ホルモンが分泌されず、肌細胞の育成や生まれ変わりが妨げられます。

するとその影響によって、爪が弱くなってしまうのです。

成長ホルモンは夜10時から深夜2時にかけて特に盛んに分泌されますので、最近爪のダメージが気になるという方は、できるだけ早めに就寝して十分な睡眠をとってみることをおすすめします。



Itnail編集部