コラム コラム 2017年2月24日 更新 お気に入り追加 0

ジェルネイル | ムラなくジェルを塗る方法とは?

2,403 view
ジェルネイル | ムラなくジェルを塗る方法とは? Itnail編集部

自宅でジェルネイルをしている方の中には、塗りムラが出て綺麗に仕上げられないことに悩んでいる方が沢山います。では、カラージェルをムラなく綺麗に塗るにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、ジェルネイルをムラなく綺麗に仕上げる方法について、詳しくご紹介します。

ジェルは少しずつ塗り重ねるのがおすすめ

 (527583)

ジェルの中にはもともとかなり薄付きなものもあり、このタイプのジェルでカラーリングしようとすると、一度塗りではとても見本通りの色を出すことができません。すると、一度にたっぷりのジェルを塗って濃い色を出そうとする方が多くでてきます。

しかし一度に沢山の量のジェルを塗ると、塗りムラが出やすくなってしまいます。またジェルはUVライト・LEDライトを照射して硬化させますが、一度に厚塗りすると、ジェルが固まりにくくなることもあります。ジェルをムラなく塗るためには一度に塗るジェルの量を少なくし、塗布回数を多くすることで色味をだしていくようにしましょう。

塗るのではなく、伸ばすのがポイント

 (527584)

ジェルを塗るとブラシのスジができ、それが塗りムラの原因となってしまっている場合、ブラシを爪に押し付けすぎている可能性があります。

この場合は、ジェルを「塗る」のではなく、「伸ばす」イメージで施術をしてみてください。少量のジェルをブラシにとり、爪の上に「置いて」これを少しずつ、優しく伸ばしていくのです。するとブラシのスジができにくくなり、ムラなくカラーリングすることができます。それでも改善されない場合は使っているブラシが硬すぎるという可能性がありますので、筆先が柔らかいブラシに変えてみることをおすすめします。

塗った後はすぐに固めず、しばらく置こう

 (527585)

これはプロのネイリストでも同じなのですが、人の手で施術する以上、完全にムラなくカラーリングするのは至難の業です。そこでおすすめしたいのが、硬化させる前に一定時間放置する、という方法です。

ジェルには塗布量が少ないところに自ら流れていって平らになろうとする性質があるため、ジェルを塗った後すぐにライトを照射せず一旦おくと、ジェルが爪の上で平らになって塗りムラを誤魔化すことができるのです。15~30秒程度放置するだけでも仕上がりにかなりの差が出てきますので、ぜひ試してみてくださいね。

ただしジェルを置くときは、爪が傾かないよう水平な状態をキープするようにしましょう。でないとジェルが流れ、ムラができてしまうことがあります。




Itnail編集部