コラム コラム 2018年4月23日 更新 お気に入り追加 0

必見!定番フレンチネイルが一気に垢抜ける5つの技

2,031 view
必見!定番フレンチネイルが一気に垢抜ける5つの技 Itnail編集部

ジェルネイルの人気デザインと言えば「フレンチネイル」。ネイルをする方なら知らない人はいない定番デザインですよね。定番ゆえに個性を出すのは難しいと思われがちなフレンチネイルですが、そんなことはありません!クラシックな印象のフレンチネイルだって、十分今年っぽく、そして自分らしく個性を出す事ができちゃいますよ。今回は定番のフレンチネイルをほんの少し変えるだけなのに、なんだか新鮮で垢抜けて見える5つの技をご紹介します。いつものフレンチと比較してみてくださいね!

定番のフレンチはこれ!

クリアベースにマットな白でスマイルラインを縁取った定番「フレンチネイル」の写真がこちら。この王道デザインが基本となります。分かりやすく、ちょこっとだけ技を加えてみましょう。どんな風に印象がかわるのか楽しみですね!
これぞ王道「フレンチネイル」

これぞ王道「フレンチネイル」

このままでも十分洗練されていますね。
もともとキリっとした印象で、常に鮮度を保っていると言えるデザインではありますが、さらにひと技加えると‥‥。

①爪の形を変えてみる

バレリーナカット

「フレンチネイル」は爪の形がはっきり分かるデザインです。なので爪のシェイプは、ちょっと変えるだけでも印象を変える効果抜群!!
今が旬なのは、こんな「バレリーナカット」です。挑戦しやすいフレンチだからこそ、ぜひ試してほしいネイルシェイプです。
バレリーナカットのフレンチネイル①

バレリーナカットのフレンチネイル①

よりシャープな印象ですね!
バレリーナカットのフレンチネイル②

バレリーナカットのフレンチネイル②

透明感あるカラーが涼しそう。
上の写真はベースが濃いめのベージュ、下の写真は薄いヌードベージュです。ベースで印象が変わりますね。

②流行のパーツを加えてみる

旬パーツ乗せ

次はフレンチはそのままに、パーツだけ乗せたデザイン。一気にエレガントな印象になりました。
旬パーツ乗せ①

旬パーツ乗せ①

大き目パールを組み合わせて
やっぱり今年も大人気のパールとスワロフスキー。爪の根元際ギリギリに乗せるのが流行中。
旬パーツ乗せ②

旬パーツ乗せ②

フレンチラインに沿わせて。
マットなストーンも今年流行中のパーツですね。色合いがカジュアルで可愛いです。

③ラインに変化をつけてみる

極細ライン

そして見逃せないのが、フレンチを思い切り細くしたデザイン。すごく新鮮ですね。カーブは深めに端までしっかり塗りこむのがコツです。
極細フレンチ①

極細フレンチ①

赤のラインが印象的。
極細フレンチならば、断然濃いカラーがオススメです。
極細ライン②

極細ライン②

ビビッドピンクで明るく。
このような派手めのピンクにも臆せず挑戦できるのが、極細フレンチの利点ですね!

④ベースのカラーを変えてみる

インナーカラー

ベースのカラーをちょこっと変えたデザイン。大きく差がある訳ではないけれど、なんか新鮮!と思ってもらえる技です。
インナーカラーで魅せるフレンチ①

インナーカラーで魅せるフレンチ①

クールなフレンチをちょっぴり甘く。
クリアピンクで、自爪の血色をアップ。健康的なうるうるネイルに変身。ベースのカラーがベージュだと、なんとなく不健康そうに見えてしまうのが悩みという方にはぜひ試してほしい技です。
インナーカラーで魅せるフレンチ②

インナーカラーで魅せるフレンチ②

大流行カラーのグレージュを使って。
こちらはベージュを逆に暗めに落ち着かせたデザイン。大人っぽく決まりますね!シャープな印象も少し柔らかくなるのが嬉しいですね!

⑤質感を変えてみる

メタリック

では最後に、フレンチでももっと攻めたい!という方にはこちらがおすすめ。
フレンチ部分をメタリックに変えるだけで、印象ががらりと変わりますね。
メタリックフレンチ①

メタリックフレンチ①

シンプルさが潔くてかっこいい。
ゴールドのメタリックカラー。肌馴染みが良く、実はラメよりも使いやすかったりします。
メタリックフレンチ②

メタリックフレンチ②

今年はあえてラメを使わず仕上げてみよう。
ストーンやホログラムで作るフレンチ。こちらも細く作るのがポイントです。
フレンチが一気に垢抜ける5つの技をご紹介しました!
この中の技を2つ、3つと組み合わせて使うのもおすすめです!
すぐ実践できるので、フレンチネイルデザインを考えている方はぜひ試してみてくださいね!


Itnail編集部