コラム コラム 2016年8月31日 更新 お気に入り追加 0

【ネイルマシーンって便利】ジェルオフの時短とフットケアにも

1,358 view
【ネイルマシーンって便利】ジェルオフの時短とフットケアにも Itnail編集部

ネイルサロンでネイルマシーンを使った、ジェル・アクリルスカルプチュアのオフを経験した人もいるはず。手で削るより時間短縮に繋がってとっても便利。中には痛い思いをしていいイメージのない人もいるようですが、自分でやれば調節ができるので痛くないはずですよ。

ネイルマシーンとは?いつどこで使うのか?

 (469341)

【イットネイル】ネイルマシーンとは、ペンタイプの本体の先端にヤスリになっているアタッチメントをつけ、回転、ジェルやスカルプチュアの表面を削ってオフの時間短縮ができるものです。
そのほか、アタッチメントを替えるだけでネイルケアや角質取りも可能。かなり便利なアイテムなのです。
しかし、アタッチメントが高速回転をしているため、摩擦が大きく、上手に使わないと熱が伝わってしまい、非常に熱いので要注意。
ネイルサロンで熱い思いをした人も多いことでしょう。しかし、自分で自分の爪に使う分には調節しながらできるはずなのでそこは問題なし。人にやってもらうよりも安心かもしれません。

ネイルマシーンの種類は主にこの3つ

 (469342)

・電池式タイプ

ペンタイプの本体に電池が内蔵されているものです。小さくて使いやすいので初心者さんにはおすすめ。しかしネイルケアにはおすすめですが、パワーがないのでジェルオフの時短になるか?といわれると少し疑問です。3,000円ほどで買えるものもあり。

・コード式タイプ

ペンタイプの本体から直接コードが延びており、コンセントに差し込むもの。コンセントが近くにないと使えないのが難点。メーカーに差がありますが10,000円前後が主流。

・卓上タイプ

ネイルサロンで使用されているのがほぼこのタイプ。卓上マシーンにスイッチや回転数の調節ボタンがあり、そこからコードでペンタイプの本体に繋がっているもの。パワーもあり安定感もよく、品質的には1番いいもの。お値段も当然1番高く、30,000~50,000円ほど。

ネイルマシーンの使い方は根元から先端へ

 (469343)

・ジェル・アクリルスカルプチュアのオフのマシーンの使い方

ジェルやアクリルを溶かすのに、できるだけ削ったほうが溶かす時間が短縮できます。そのため表面をマシーンで削るのです。
削り方は、アタッチメントのヤスリ部分を爪表面と平行に沿って動かします。爪の根元から先端に向かう一方通行が大切。万が一手元がすべって爪の根元部分を削ってしまったら大変なことになるからです。

・ネイルケアのマシーンの使い方

ネイルケアのときはネイルケア専用のアタッチメントを使います。シリコン製やゴム製のマッサージ効果のあるアタッチメントが主流で、甘皮周りを軽くマッサージするように使います。するとルーススキンが取れてきますよ。
またお湯などに浸してふやかしておくとベストです。

・角質取りのマシーンの使い方

主に足や手の指の角などの皮が固くなった部分に使います。1番小さな先端アタッチメントをつけると細かい部分までできますよ。特に冬などはおすすめです。また大きめのアタッチメントはかかとなどにおすすめ。削りすぎは角質が増えるので要注意です。

このように色々使えるネイルマシーン、持っていると便利かもしれません。



Itnail編集部