コラム コラム 2016年2月25日 更新 お気に入り追加 0

ショートネイル初心者必見!短い爪を活かしたかわいいネイルにするコツ

3,694 view
ショートネイル初心者必見!短い爪を活かしたかわいいネイルにするコツ Itnail編集部

ネイルをしている女性に意外と多い、「爪が短い」「爪が小さい」という悩み。 「爪が短い・小さいとかわいいネイルが全然できないのか」というと、決してそうではありません! また最近は爪を伸ばせる環境にあるけど、かわいくするためにあえてショートネイルにする、という女性も増えています。 そこで短い爪でもネイルを楽しむためコツや、注意点などを解説しています。 ネイル初心者でも挑戦しやすい、おすすめショートネイルが中心です。

爪が短くても大丈夫!

【イットネイル】ネイルに関する悩みは人それぞれですが、職業や育児などの都合で爪を長くできない・もともと爪が伸びづらくて常に短い・うっかり深爪してしまったなど、「自分の短い爪」に悩む女性は意外と多いです。
昔は爪がある程度長いほうがいいというイメージがあったネイルーアートですが、最近は「短い爪を活かしたショートネイル」のデザインがたくさん登場しているんです。

そこで今回は、短い爪をかわいく見せるためのおすすめショートネイルや、ショートネイルをする際の注意点について紹介しています。
 (365536)

①濃い色をベタ塗りにする

ショートネイルで特に人気の高いワンカラー。
シンプル&簡単で、初心者でもすぐにできます。

淡いカラーでもいいのですが、ショートネイルを活かすのであれば濃い色をベタ塗りがおすすめです。
たとえば昔からネイルの定番となっているレッドも、ショートネイルであればかわいく仕上げられるのです。

塗る面積が少ないショートネイルでは、普通の爪の全体に塗るとどうしても派手に見えてしまう濃い目のカラーも問題なし!
普通の長さの爪ではやりづらいカラーに、あえて挑戦するのもいいでしょう。

②ダークカラーを使う

「レッドやピンクなどでは子供っぽすぎて・・・」
と抵抗を感じている方は、大人っぽいダークカラーを選んでみてはいかがでしょうか。

特にグレージュ・パープルといったつややかさのあるダークカラーであれば、暗すぎず明るすぎないちょうどいい仕上がりになります。

③パーツは控えめに

かわいらしいショートネイルには、ついついデコパーツを盛りたくなってくるかもしれませんが、ぐっと我慢。
特にたくさんの大きめのパーツは、アート面積の狭いショートネイルとはどうしても相性が悪い傾向にあります。
パーツを使うときは小さめのものをワンポイントに置く程度に抑えて、盛り過ぎないようにしましょうね。

爪が短いからと諦めず、コツを掴んでショートネイルを楽しみましょう。



Itnail編集部