コラム コラム 2016年9月20日 更新 お気に入り追加 0

素爪に自信がない人必見!ポイントを押さえたネイルケアで美しい指先へ

1,378 view
素爪に自信がない人必見!ポイントを押さえたネイルケアで美しい指先へ Itnail編集部

メイクをしていなくてもキレイなすっぴん美人が素敵なように、爪だってネイルをしていなくても美しくありたいもの。でも、爪の形が小さかったり、爪が弱くてすぐに二枚爪になってしまったりなど、自分の爪に悩みを持っている女性もいるようです。爪の悩みの原因は、何気ない日常生活の中に潜んでいる場合があります。今回は、キレイな爪を育てるためのポイントをいくつかご紹介しますので、丁寧なケアをして指先美人になっちゃいましょう!

キレイな爪になりたい!

 (473269)

【イットネイル】ネイルアートに凝っていても、自分の爪に何らかの悩みを持っている方が多いようです。
今回は、ネイルをしていなくてもキレイに見える素爪を育てるコツについてご紹介します。

ネイルベッドを伸ばしたい!

素爪がキレイな人は大抵、ネイルベッド(爪のピンク色の部分)の形が整っていて、指先も細く長く見えるものです。
このネイルベッドを伸ばすことは、ちょっとしたコツによってある程度は可能です。
基本は、普段から丁寧なネイルケアを心がけることです。

・甘皮処理をする

定期的に正しい甘皮処理をして余分な甘皮や角質を取り除くことで、ネイルベッドを長く見せることができます。
見た目にも、清潔感のあるスッキリとした爪になります。

・やすりで整える

爪の長さを整えるときは、爪切りではなくやすりを使うようにしましょう。
爪切りを使うと爪に衝撃を与えるので二枚爪になる可能性があり、爪をキレイに伸ばすことができなくなります。

・噛みグセを治す

爪を噛む癖を持っていると、ネイルベッドを短くしてしまう深爪になりがちです。
今の見た目だけではなく、これから育とうとする爪にも悪い影響を与えてしまいます。
丁寧なネイルケアをしたり、ネイルアートをすることで、噛みグセをある程度防ぐことができます。

・ベースコートやトップコートを塗る

マニキュアやジェルネイルを塗っていないときでも、ベースコートやトップコートを塗るようにしましょう。
爪を保護、補強することができます。
すぐに曲がってしまうような爪が弱い人には、特におすすめです。

・爪の使い方に注意する

缶ジュースのふたを開けるときやダンボールを開くとき、爪を使っていませんか?
専用のオープナーやカッターナイフを使うなど、爪先に負担がかからないようにしましょう。

美爪のポイント「ハイポニキウム」とは?

「ハイポニキウム」とは、手のひら側から爪を見たときに爪と指との間に見える皮の部分のことです。
「ネイルベッドを伸ばしてきれいにしたい!」という願いをかなえるには、このハイポニキウムがポイント。
手元のお手入れに力を入れている人は、ここを重点的にケアしています。

・役割

爪のサイドや根元部分とともに、爪と皮膚をつないで固定しています。
爪が剥がれるのを防ぎ、正しく維持するのが主な役割です。
また、手や指先はばい菌に触れる機会が多い部分ですが、ハイポニキウムのおかげでばい菌が入り込まないようになっています。

・お手入れ方法

指先と爪を清潔にして、ハンドクリームやネイルオイルなどで保湿するようにしましょう。
爪をキレイに伸ばせるかどうかは保湿が深く関係しています。
水仕事などで乾燥しないよう、普段から保湿ケアに力を入れるようにしましょう。

いかがでしたか?
丁寧なケアをして、キレイな素爪を育てましょう。



Itnail編集部