コラム コラム 2020年7月21日 更新 お気に入り追加 0

オフィスシーンにおすすめ!上品カラーでアートするリーフネイル

384 view
オフィスシーンにおすすめ!上品カラーでアートするリーフネイル Itnail編集部

色使いによって、どのようなテイストにも変化するリーフネイル。今回は、上品カラーでアートするリーフネイルデザインに注目してみました。オフィスシーンでも大活躍してくれる、上品カラーのリーフネイル。どのようなデザインがあるのか、さっそく見ていきましょう。

スキンカラーベースにホワイトのリーフ柄をアート

Brilliant Nail (大阪)

Brilliant Nail (大阪)

植物の葉をアートして作る、リーフネイル。最初にご紹介するのは、スキンカラーベースにホワイトのリーフ柄をアートしたデザインです。

肌なじみのいいスキンカラーをベースにホワイトのリーフ柄を描けば、それだけでお洒落な上品ネイルの完成です。ベースをグラデーションデザインにしたり、リーフ柄にお好みの色を重ねたり、というように色々なアレンジを加えると、雰囲気が変わって楽しいですよ♪

爪先にラメをプラスしたり、ポイントでラインアートをプラスしたり、といったアートも素敵です。
nailsalon JOY

nailsalon JOY

メタリックカラーのリーフ柄を描いてエレガントに

Hazel (愛知・豊橋)

Hazel (愛知・豊橋)

リーフ柄ネイルは、メタリックカラーでアートしても、上品なデザインに仕上げられます。

例えば、パール入りのホワイトでベースカラーを塗り、シルバーのリーフ柄をアートするデザインはいかがでしょうか。メタリックカラーというと派手なイメージがありますが、ベースカラーやリーフ柄の描き方によっては、とても上品な仕上がりを楽しめます。

透明感のあるシアーピンクをベースに、ミラーパウダーを使ってリーフ柄をアートしたり、スキンカラーベースにワイヤーで作ったリーフモチーフをアートしたり。ブラウン系カラーのラメを使ってリーフ柄をアートし、落ち着いた雰囲気に仕上げるネイルも素敵ですよね。
Nail&Make Abeaut

Nail&Make Abeaut

オールホワイトのリーフネイルも素敵!

Casa-tua (福岡)

Casa-tua (福岡)

リーフネイルは、ベースカラーからアートに使うカラーまで、そのすべてをホワイトで統一してアートしても、上品で素敵なデザインになります。

例えば、シアーホワイトをベースに、マットなホワイトでリーフ柄を描くデザインはいかがでしょうか。マットなホワイトを爪全体にベタ塗りすると白さが悪目立ちしてしまいますが、透明感のある色味であれば、ベースに使っても派手になりすぎず、上品に仕上げられますよ♪

ポイントでクリスタルストーンをあしらって華やかさをプラスしたり、ホワイトパールをプラスしてより上品に仕上げたり、といったアレンジもおすすめです。



Itnail編集部