コラム コラム 2017年4月26日 更新 お気に入り追加 0

知らないと損?【 自分の爪にピッタリなネイルの素材 】とは?

6,346 view
知らないと損?【 自分の爪にピッタリなネイルの素材 】とは? Itnail編集部

最近、ジェルネイルはごく一般的なものとなり、ネイルをしているという人も多くみかけます。そんな中、同じジェルはジェルでもソフトジェルとハードジェルが存在する事、スカルプなど別の原理でネイルができる素材があるという事を知っているという人は少ないように思います。自分にあった素材を知る事でもっと上手にネイルと付き合いましょう。

ハードジェルとソフトジェル、スカルプの違い

C.cnail 見附店

C.cnail 見附店

近年ではセルフネイラーでも、サロンでもネイルはソフトジェル(ソークオフジェル)で施術をしているという人が大半を占めていると思います。昔はハードジェルがネイルの主流でしたが、毎回削ってオフしなければならず、塗布から削る工程まで技術が必要でした。

そんなハードジェルに代わって施術の時間短縮や誰でも気軽にネイルができる新商材としてソフトジェルネイルが誕生しました。まとめると、仕上がった時のジェル自体が硬いか柔らかいか、オフする時に削るのか溶剤で溶かすのか、という違いがあります。この違いは大まかなもので、メーカーによっては“セミハード”という商材もありますので、自分で新しいメーカーのジェルを使う場合は、メーカーのセミナーなどに行く事をおすすめします。

スカルプはもっと別の施術方法です。アクリルパウダーという粉を専用のリキッドに浸す事でミクスチャーを作ります。できた瞬間から自然硬化していくので、完全に固まってしまう前に形を形成していくのですが、こちらもかなりの技術が必要で、できあがるネイルに厚みがあるので、長さを出す事がメインの素材とされ、ジェルの波に押されてどんどん施術者や施術のできるサロンが減っていっています。
NcistEgo (高知)

NcistEgo (高知)

あなたは自分の爪の特徴を知っていますか?

KLI*キレイ* (茨城)

KLI*キレイ* (茨城)

爪といっても、人の体質のようにそれぞれ個性があります。割れやすい人、真っ直ぐ生えないという人、色も違えば、厚みも違います。

もちろんメーカー側もどんな爪の人にも合うよう工夫してネイルの素材を選んでいますが、やはり化粧水も人によって合う、合わないがあるようにネイルにも相性があります。

自爪がとても柔らかく、ハードジェルを塗ってしまうと爪の動きにネイルが付いていけずに取れやすくなってしまう人もいれば、逆に補強になるので硬めのジェルを選ぶ必要がある場合があります。

割れやすいのであれば根本的にスカルプで爪に厚みを持たせてあげる必要があるという人もいます。
NcistEgo (高知)

NcistEgo (高知)

沢山のメーカーがあるからこそ、リサーチして!

Nailroom彩

Nailroom彩

ネイルの素材はメーカーによって硬さも違うので、自分に合った素材を見つけるために、どんなものでも一度試す必要があります。

素材のpHなども違う場合があるので、人によっては手が荒れてしまうといった人もいるかと思います。相性の問題でネイルのモチが違ってきます。

爪の噛み癖があるような人であればそれを治すキッカケにスカルプをするという人もいますので、まずは素材のイメージだけで判断せずに何でも試してみる事が重要です。

相性のいい素材を見つけて、よりネイルを楽しんでください。



Itnail編集部