コラム コラム 2016年5月18日 更新 お気に入り追加 1

ネイルアートに使うブラシのお手入れのやり方について知りたい!

2,831 view
ネイルアートに使うブラシのお手入れのやり方について知りたい! Itnail編集部

ネイルアートをするうえでなくてはならないアイテムであるブラシ。このブラシですが、お手入れのやり方によってその寿命が大きく変わってきます。ものによってはかなりお値段が張るものもあるネイルアートブラシ。今回は、そのお手入れのやり方について詳しくチェックしてみましょう!

まずはブラシについた汚れをしっかり落とそう!

 (420928)

【イットネイル】ブラシのお手入れはまず、クリーニングからスタートします。
ジェルネイルをした場合、ブラシには施術に使ったジェルが付着しているかと思います。ジェルは水や石けんで洗っても落ちませんので、専用のブラシクリーナーを使ってクリーニングする必要があります。
ダッペンディッシュやガラス製の小さな容器にクリーナーを入れ、その中にブラシをつけて洗浄すればOKです。ブラックやレッドなど濃い色のジェルを使った場合は2度洗いをすることで汚れを綺麗に落とすことができます。
またブラシにラメが残っている場合は、コットンやワイプなどで丁寧に除去しておきましょう。

クリーニングの後は、ブラシの先を整えよう

 (420931)

ブラシのクリーニングが終わったら、次は筆先を整えていきます。
ブラシも長く使っていると、筆先がほころんだり開いたりしてきます。また、ブラシの端っこの方が毛羽立ってくることもあるでしょう。そしてそのままの状態でアートをすると、塗りムラができたり綺麗にアートできなかったりすることもあります。
そこでブラシを使った後はその筆先を入念にチェックし、毛羽立ったりほころんだりしている部分ははさみでカットするなどして筆先を整えておくようにしましょう。

保管するときは、必ず筆先をそろえておこう

 (420934)

クリーナーで洗浄したばかりのブラシは、筆先がバサバサになっています。そしてそういった状態のままでブラシを保管すると、筆先が割れてしまうことがあります。
そこでブラシを保管する際は、必ず筆先をそろえておくようにしましょう。一度割れた筆先はなかなか元に戻せませんし、筆先が割れているブラシでは綺麗にカラーリングすることができません。
ブラシを綺麗にクリーニングして筆先を整えることはその寿命を長くすることにもつながりますので、少々面倒でも毎回きちんとお手入れをしておきましょう。またブラシを保管する際は、筆先を傷めないためにもキャップを装着しておくことをおすすめします。たいていのブラシはキャップがついた状態で販売されていますので、捨てないで大切にとっておきましょうね! 



Itnail編集部