コラム コラム 2016年7月2日 更新 お気に入り追加 0

ネイルの端がめくれて痛い…。「ひょうそ」ができる原因&対処法

2,564 view
ネイルの端がめくれて痛い…。「ひょうそ」ができる原因&対処法 Itnail編集部

爪の端がめくれてささくれとよく似た状態になることによって引き起こされることがある「ひょうそ」ですが、これができた場合、皆様はどのように対処していますか!?ここでは、ひょうそとはどういう状態のことをいうのか、これができた場合にどのような処置を行えばいいのか、といった点について詳しく解説します。

そもそも「ひょうそ」ってなに!?

 (441375)

【イットネイル】皆様は、爪の端っこの方が剥がれてきてささくれ状になってしまった経験はありませんか?

一見するとささくれのようですが、皮膚ではなく明らかに爪の一部であるこの“ささくれもどき”。これを放置したり無理矢理むしったりすると、傷口から細菌や雑菌が侵入し、細菌感染症を起こしてしまうことがあります。
そして細菌感染症を起こすと、以下のように様々な症状が現れるようになります。

・爪の周りが腫れる
・傷口から膿がでる
・患部に痛みが生じる

この、細菌感染による症状が現れている状態のことを、「ひょうそ」というのです。

“ささくれもどき”は無理矢理むしっちゃダメ!

 (441376)

爪の端がささくれ状態になってしまった場合、ピンセットなどで引っ張ってむしり取ってしまう方がいます。
しかしこの行為、絶対にやめましょう!

「爪がささくれ状態になっている」ということは患部に細菌が侵入しやすい状態になっているということであり、これを無理矢理むしり取ることは、細菌感染を起こすリスクを増大させることと同じなのです。
また細菌感染によって膿が出だした場合、その症状は爪の根元部分へと向かって進行していきます。そして指にまで症状が進んでくると、最悪のケースでは指の切断も視野に入れた治療が必要になってきます。

爪の両側は細菌や雑菌が溜まりやすい傾向にありますので、爪がささくれ状態になったとしても、無理矢理むしり取らないようにしましょう。

「ひょうそ」を予防するための正しい対処法

 (441377)

爪の端っこがささくれ状になっていると、洋服やタイツにひっかけてしまいとても不便ですよね。では、爪がささくれのようになってしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。ささくれ状になった爪は、キューティクルニッパーを用いてカットすることをおすすめします。ささくれを根元部分からカットすることによって、引っかかり等による不便さは解消できるかと思います。

爪や皮膚が乾燥していると処理しにくい場合がありますので、予めぬるま湯に10分程度指先を浸しておくなどして、爪や皮膚を柔らかくしておくといいでしょう。



Itnail編集部