コラム コラム 2016年9月8日 更新 お気に入り追加 0

秋口に増えるネイルトラブル!『爪剥離』の原因と予防法とは?

1,653 view
秋口に増えるネイルトラブル!『爪剥離』の原因と予防法とは? Itnail編集部

夏の終わりから秋にかけて増えてくるネイルのトラブルのひとつ、「爪剥離」。爪が剥がれてしまうなんて、聞いただけで怖いですよね。今回は、どうして爪剥離が起こるのか、どうすれば爪剥離を防ぐことができるのか、という点について詳しくチェックしてみたいと思います。

爪剥離ってどんなネイルトラブルなの?

 (486420)

【イットネイル】「爪剥離」についてご存知ですか?

これは、爪が剥がれてしまう現象のことをいいます。どんなふうに剥がれるのかは人によって違いますが、一般的には爪の根元部分はそのままで、爪の真ん中あたりから爪先あたりにかけて剥がれてしまうという人が多いようです。

また爪が完全に剥がれてしまわなくても、自爪の色が黄色もしくは白っぽく変色するなど爪が“剥がれかけている”状態になってしまうこともあります。

爪が剥がれてしまっては、ネイルを楽しむどころではなくなってしまいますよね。

爪剥離が起こる原因について知りたい!

 (486421)

では、そもそもどうして爪が剥がれてしまうのでしょうか。

その原因としてまず挙げられるのが「爪の乾燥」です。
あまり自覚はないかも知れませんが、爪には日々いろいろなストレスがかかっています。例えば食器を洗うときの洗剤も爪にとっては強い刺激となりますし、マニキュアやジェルをオフするときに使うリムーバーも爪には負担となります。
そしてこれらの薬剤による負担がかかる結果、爪の水分が奪われて乾燥し、爪剥離を起こしやすくなってしまうというわけです。

また春から夏にかけて降り注ぐ強い紫外線も、爪には大きな負担となります。夏の終わりから秋にかけて爪剥離を起こしやすいのは、夏の間にかかったダメージによる影響なのかもしれませんね。

爪剥離を予防するにはどうすればいいの!?

 (486422)

ネイルアートが楽しめないというだけでなくとても痛い思いをすることもある爪剥離ですが、これを予防するにはどうすればいいのでしょうか。

先にも説明したように爪剥離を起こす最大の原因は爪の乾燥にありますので、まずは爪の保湿をしてみることをおすすめします。ネイルオイルやハンドクリームなど保湿効果があるものであれば何でも構いませんので、1日に何度か爪に塗って潤いを補給してあげてください。

また食器を洗うときや掃除をするときはゴム手袋をして、洗剤などの薬剤が直接爪につかないよう工夫することも大切です。
爪剥離は日頃のちょっとした心がけ&ケアで防げますので、気を付けてみてくださいね♪



Itnail編集部