コラム コラム 2016年10月7日 更新 お気に入り追加 0

ネイルのための栄養学。爪が薄い、割れやすい、線が出る。全ては食べ物から考えよう

1,038 view
ネイルのための栄養学。爪が薄い、割れやすい、線が出る。全ては食べ物から考えよう Itnail編集部

ネイルの状態は健康のバロメーターともいわれています。爪が薄かったり、割れやすかったり、線が入るなど、ネイルのお悩みは普段口にする食べ物から考えていきましょう。食の偏りはネイルの状態を悪くします。ネイルに良い栄養学を学びましょう。

そもそもネイルの主成分ってなに?

 (486476)

【イットネイル】女性にとってお肌、髪の毛、そして爪は常に美しくありたいものですよね。その3つの部分は環境や年齢、生活によって大きく影響を受けます。
髪の毛と爪は皮膚の一部が変化してできたもので、その主成分はたんぱく質です。硫黄分(いおうぶん)を含む含硫アミノ酸を主成分としたケラチンたんぱく質でできています。髪の毛は軟ケラチン、爪は硬ケラチンなのでその硬さには差があります。
また、髪の毛や爪の成長にはビタミンやミネラル、カルシウムも大切な栄養素です。
体をつくる基本の栄養素が髪の毛や爪の成長には大きくか関わっているのです。

爪が薄い、割れやすい、線が入るお悩み解決

 (486477)

爪に何らかのトラブルやお悩みがある方、まずは生活を振り返ってみましょう。ネイルの過剰なケアや繰り返しのジェルなどの外的刺激による爪のトラブルのほか、内側からのトラブルも考えましょう。
爪は体調や精神面、食生活などがあらわれる部分なのです。病気を患った方の爪は黒ずんでいたり、表面がボコボコしていたりと、テキメンにそれがあらわれます。
また、過度なダイエットをしている方や食事に偏りのある方は、爪が薄くなることで割れやすかったり、横線が入ったり、二枚爪になったりと、トラブルが多く出てきます。
爪は健康のバロメーターともいわれる器官ですので、注意して爪のチェックをしてみましょう。

健康な爪は健康な食事から〜栄養学〜

 (486479)

美しい爪をつくるには、健康な食事をとるように心がけましょう。爪に必要な栄養素、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをしっかり摂取することが重要です。
まず、たんぱく質は爪をつくる上で最も必要とされるものです。肉類や魚介類、卵や乳製品などの動物性たんぱく質は爪の弾力性を生み、大豆や豆腐、豆乳などの植物性たんぱく質は爪を丈夫にします。
次に、ビタミンはA、H、B2、C、D、Eなど爪の成長に欠かせないものです。基本的にビタミン群は緑黄色野菜に多く含まれているので、野菜はしっかり摂るようにしましょう。また根菜類、果物、レバーやうなぎ、イワシなどの魚類からも摂取できます。
そしてミネラルは新陳代謝を高め、爪を丈夫にします。カルシウムや鉄分、マグネシウムや亜鉛を摂取しましょう。乳製品やひじき、豆類やわかめ、牡蠣などに多く含まれています。 どれかに偏りすぎても健康な爪にはなりません。バランスよく体内に取り入れるような食事を心がけると良いでしょう。



Itnail編集部