コラム コラム 2016年6月12日 更新 お気に入り追加 0

除光液を使う時にやってしまいがちなネイルのNG行動3つ

4,886 view
除光液を使う時にやってしまいがちなネイルのNG行動3つ Itnail編集部

100円ショップで手軽に購入できる除光液。マニキュアを落とす時の必需品ですが、セルフネイラーさんの中には、間違った除光液の使い方をしている方が少なくないようです。除光液は万能というわけではなくその使い方によっては自爪を傷つけてしまう可能性もあります。今回は除光液を使ってやってしまいがちなNG行動についてまとめてみましたので、皆様は大丈夫か、チェックしてみてくださいね!

NG行動①:除光液を使って爪の油分を除去

 (420919)

【イットネイル】除光液でやってしまいがちなNG行動して意外と多いのが、除光液を使って爪の油分を除去する、というものです。
ジェルネイルをする場合、あるいはネイルチップをつける場合、下準備として爪表面に付着した油分を除去しなければなりません。この作業はアセトンやエタノールを使って行うのですが、除光液の中にはこれらの成分が含まれているものがあるため、これを使って作業をしてしまう方がいるのです。
確かに除光液にはアセトンなどが含まれているのですが、その他に肌を守るための油分も含まれています。つまり除光液では、爪表面の油分を取るどころか反対に油分を塗りつけてしまうことになるのです。
ジェルネイルの下処理やネイルチップを使う前の準備をする際は、除光液でなくアセトンを使うようにしましょう。

NG行動②:除光液でブラシのクリーニング

 (420922)

除光液を使ったNG行動としてはまた、除光液でブラシのクリーニングをする、というものも挙げられます。
ブラシを保管する際は筆先を綺麗に洗浄しておく必要がありますが、ブラシに付着したジェルは、水で洗っても落ちません。しかし除光液を使えば、いとも簡単に落とすことができるのです。除光液は100円ショップで購入することができるためコスパが良いからとこれをブラシクリーナーとして使っている方がいるのですが、実はこの行為、あまりおすすめできません。
というのも除光液にはエタノールなどの他に保湿成分や油分などが含まれており、これでブラシのクリーニングをすると、当然その成分はブラシにも付着します。そして次にアートをする際このブラシを使ってジェルネイルをすると、ジェルが変質したりアートの持ちが悪くなったりすることがあるのです。
ブラシのお掃除は、ブラシクリーナーを使用するようにしましょう

NG行動③:除光液でジェルネイルをオフ

 (420925)

除光液を使ってやってしまいがちなNG行動の中でも最近特に多いのが、除光液を使ってジェルネイルのオフをする、というものです。
最近はアセトンで溶かすことができるソークオフジェルが主流になっており、表面をサンディングしてアセトンを染み込ませれば、素人でも簡単にジェルネイルをオフすることができます。
それならばアセトンを主成分とする除光液でもオフできるのではないか、と考えてしまいがちですが、話はそう簡単ではありません。除光液にはアセトンほどのパワーがないためジェルをオフするのに必要以上の時間を要し、最悪の場合は自爪を傷つけてしまうことがあるのです。
ジェルネイルのオフは、アセトンを使って行うようにしましょう。



Itnail編集部