コラム コラム 2017年2月19日 更新 お気に入り追加 0

ちょっと意外?ネイルNGなシチュエーション

11,922 view
ちょっと意外?ネイルNGなシチュエーション Itnail編集部

普段ネイルをされている方は、もう当たり前のように身体の一部になっていますよね。自爪で過ごすのはスッピンより恥ずかしい!なんて人もいるはず。しかし、実はネイルNG!のシーンが突然訪れるかもしれません。それはいつ?そんな時どうすれば?「そんなの知らなかった!」と慌てなくても良いように、覚えておいて下さいね。

手術や検査でネイルをしてはいけない理由

 (527435)

健康体で、病院なんて無縁の生活!!もちろんそれが一番です。でも、人間の身体はいつ何があるか分かりません。思いがけない病気やケガで手術する事に…なってしまった時、そのネイルがNGなのをご存知ですか?

実は、ジェルネイルやスカルプチュアネイル、マニキュアも駄目なんです。理由は、爪に器具を挟んでサチュレーション(血液中の酸素濃度)を測る為。器具を挟むのは通常一本ですが、測れない事もあり他の指で計測する可能性もあるので、原則的に手足全てのネイルは手術時に禁止されています。
局部麻酔による簡単な手術や、MRI検査でもネイルはNGなので、「ちょっとくらい大丈夫だろう」と思わずに、必ずネイルはオフしていくようにして下さいね。

出産前準備にはネイルオフやケアも!

 (527436)

ネイルされている妊婦さんもとても多いことと思います。実は分娩時もネイルはNGな病院が多いです。予定帝王切開の方はもちろんですが、通常分娩の方でも、もしかしたら帝王切開になる可能性は否定できませんよね。帝王切開は手術なので、前に説明した通りネイルはNGとなります。事前に病院からそう説明がある所が多いと思いますが、臨月に入る前にはネイルをオフして置くと良いですね。

長さがある自爪は鋭利なので、赤ちゃんを傷付けない為にも短くしておくと安心ですね。
実際に、陣痛がきて病院に行った時、爪が長くて助産師さんにまず爪切りを渡されたなんて人もいるんですよ。赤ちゃんが産まれればしばらく自分の身なりに気を配る余裕もなくなってしまうので、病院から言われくてもネイルはオフして安全に整えておきましょう。

セルフでオフする方法を知っておこう

 (527437)

突然ジェルやスカルプをオフしなければならない時、いつものネイルサロンがお休みだったり予約でいっぱいで断られたりすると焦りますね。
他店のオフのみはお断りしているサロンもあります。そんな時のために、オフの仕方を自分で知っていれば安心ですね。
オフに必要なものはアセトン、ヤスリ、コットン、アルミホイル。これだけなので、用意しておくと便利ですよ。

▼オフの手順
①: 100G程のヤスリで表面のジェルを削ります。
②: アセトンにコットンを染み込ませ、爪に乗せてアルミホイルを巻いてしっかり閉じ、10分程おきます。
③: スティックなどで溶けだしたジェルを削ぎ落とします。まだ溶けきっていないジェルを無理に剥がすと爪が痛むので✕。1度で取り切れなければ②に戻ります。
④: 目の細かいヤスリで表面をならして終わりです。

自分だけじゃなく、家族にネイルしている人がいる場合にも役立ちますので、参考にして下さいね!



Itnail編集部