コラム コラム 2020年12月13日 更新 お気に入り追加 0

どんなデザインをアートする?チークネイルのデザインバリエ特集

308 view
どんなデザインをアートする?チークネイルのデザインバリエ特集 Itnail編集部

頬にチークをさすように、爪の中央部にほんのり色をつけるチークネイル。オーソドックスなデザインも素敵ですが、たまには少し冒険してみませんか?この記事では、アートに使うカラーやアートのやり方を工夫した、チークネイルのデザインバリエーションをご紹介します。

大人カラーでアートするシックなチークネイル

IRISÉE

IRISÉE

チークネイルというと、ライトピンクやライトオレンジといった、メイクに使うチークカラーでアートするデザインが一般的ですよね。ただ、いつも同じカラーばかりだと、どうしても飽きてきてしまいます。

そこでおすすめしたいのが、シックなカラーでアートするチークネイル。例えば、ダークグレーでアートするデザインはいかがでしょうか。爪全体をダークカラーでベタ塗りすると重くなってしまいがちですが、チークデザインならば適度な抜け感のある、上品ネイルに仕上げられるでしょう。

ブラウンやマスタードイエロー、ブラック、ボルドー、といったカラーでアートするチークネイルもおすすめですよ♪
Dolce.Nail

Dolce.Nail

周りに差をつけるなら逆チークネイルがおすすめ!

petit bonheur

petit bonheur

周りと同じデザインはイヤ!たまにはちょっと変わったデザインを試してみたい!そんなあなたに紹介したいのが、「逆チークネイル」です。

一般的なチークネイルは、爪の中央に色をつけますが、逆チークネイルは、爪の中央を残してその周りに色をつけ、一般的なチークネイルとは逆の配色に仕上げます。

濃いめのピンクの逆チークネイルで大人可愛くカジュアルなデザインに仕上げたり、ベージュ×ホワイトの逆チークネイルで上品に仕上げたり。セレクトするカラーとその組み合わせによって、色々なテイストを楽しめます。
Laughin’Nail

Laughin’Nail

チークネイルにアートを重ねてさらに可愛く♡

Treail

Treail

チークネイルは、さらにアートを重ねることで、より可愛くお洒落なデザインに仕上げられます。

例えば、パステルブルーのチークネイルをベースに、雪の結晶をアートするデザインはいかがでしょうか。雪が舞う幻想的な景色を思わせるような、素敵なネイルを楽しめますよ♪

チークネイルにハートやフラワーを重ねて描いて可愛いデザインにしたり、ストーンやパールを重ねて華やかさをプラスしたり、金箔やラメ、ホログラムを重ねてみたり。どのようなアートを重ねるのかによって、色々なデザインを楽しめそうですよね。



Itnail編集部