コラム コラム 2015年11月25日 更新 お気に入り追加 0

健康のバロメーターって本当?ネイルの根元にある爪半月の秘密

1,272 view
健康のバロメーターって本当?ネイルの根元にある爪半月の秘密 Itnail編集部

普段はあまり気にしない爪半月の形や大きさですが、「健康のバロメーター」などと体の健康状態に影響しているといわれています。だけど実際は、どうなのでしょうか?意外と謎が多い爪半月の秘密を紹介していきます。

爪半月が健康に影響している?

【イットネイル】爪半月とは爪の根元にある丸みがあって白っぽい部分のことです。
半月型なので「爪半月(そうはんげつ)」と呼ばれているわけです。

普段はあまり気にしない爪半月の形や大きさですが、
「健康のバロメーター」などと体の健康状態に影響しているといわれています。

だけど実際は、どうなのでしょうか?
意外と謎が多い爪半月の秘密を紹介していきます。
 (314871)

健康にはあまり左右されない?

一般的には「爪半月が大きいほうが健康な人」「爪半月が小さい人は不健康な人」、などといわれています。
しかし実際には、医学的には爪半月の大きさは健康には関係していないとされています。
医学的根拠がない俗説や迷信のようなもの、というわけです。

逆に言えば爪半月の大きさなどが少々人と違っても、あまり気にする必要はないということです。
個人差によっては爪半月が小さい人や、形が山のように尖っている人もいます。
しかし小さくても尖っているからといって「病気かも?」なんて思う必要はありません。

年齢や遺伝が大きさに影響

爪半月の大きさは、健康状態というよりは遺伝・年齢などで変わるようです。
また、よくする手作業の内容や頻度も関係しています。
たとえば仕事や家事などで手作業を行う頻度が多い人ほど、爪半月が大きくなりやすいとされています。
また同じ人の爪でも、指によってそれぞれ大きさなどが違うことがあります。

生まれつき大きさが決まっていることが多いのですが、発育しやすい爪ほどサイズも大きくなりやすく、色や形がはっきりと分かるようになっています。

病気のバロメーターになることも

爪全体が健康・病気のバロメーターであるといわれていますが、爪半月はどうなのでしょうか。
形や大きさは個人差がありますが、「色」が異常な場合は要注意です。
たとえば爪半月の部分が青っぽい褐色になっているときは爪だけでなく体全体の病気が考えられます。
異常に気づいたら早めに病院を受診してください。

爪半月の形と大きさは神経質にならなくていいことが分かりましたね。
色以外は個人差があるものと考えて、あまり気にしないようにしましょう。



Itnail編集部