コラム コラム 2015年11月24日 更新 お気に入り追加 1

ネイルチップを練習する方法は?

4,721 view
ネイルチップを練習する方法は? Itnail編集部

ネイルチップを専門店で買おうとすると、高くてなかなかたくさんは買えないと思います。 そこで、役に立つのが100均のネイルチップ。練習用や、サンプル用は、100均ので十分。100均には、様々な色・種類のネイルチップが置いてあります。その中から、自分に合いそうなチップを選びましょう。

ネイルチップは100均でゲット

ネイルチップを専門店で買おうとすると、高くてなかなかたくさんは買えないと思います。

そこで、役に立つのが100均のネイルチップ。練習用や、サンプル用は、100均ので十分。100均には、様々な色・種類のネイルチップが置いてあります。その中から、自分に合いそうなチップを選びましょう。
 (159444)

100均には、マニキュア、アート筆、ラインストーン、3Dシール、アクリル絵の具なども売っています。

さらに、壁に貼り付ける「5連フック」はネイルのスタンドとして大活躍します。5連フックの突起部分に両面テープを貼り付けて、チップをのせれば立派な土台に。ぜひお試しください。スタンドは割りばしでも代用可能です。

他にも、パレット、指サック、つまようじ、綿棒、スポンジ、まゆ切りハサミ、やすり、ピンセット、コットンなども100均で購入しておくと便利です。

ネイルチップの付け方

ネイルチップの付け方にもコツが必要です。そのまま自爪につけると、大きすぎたりカーブが合わなかったりする場合があるので、自爪に合わせて加工します。

縦幅の調整方法は、やすりで入念に削って自爪の長さに合わせます。ハサミでカットすると、割れてしまう可能性があるので、やすりがおすすめ。

横幅の調整方法も、やすりで削って自爪に合わせます。その後、カーブの調整をします。カーブの調整方法は、「ピンチ」といって、チップを温めて形を変えます。

チップをお湯に浸し、少し柔らかくなったら、横の両端を指で同じぐらいの圧力を加えて曲げます。半円ぐらいのカーブラインが理想。ピンチをすると、見栄えがとても良くなります。温める方法は、ドライヤーを使ってもOK。

ピンチの時に強い圧力を加えると、チップに白く折れたような線が入ってしまいます。慣れないうちは、安いチップでどんどん練習しましょう。市販のチップは数枚多めに入っているので、それを利用してもよいと思います。

練習が上達の近道!

何事もはじめから上手にできる人はいません。ネイルも練習を繰り返すことで、技術が上達します。

はじめから専門的な道具をそろえようとすると、お金がたくさんかかってしまいます。ネイル初心者は、はじめは100均などでひととおり安くそろえて練習し、慣れたら専門的な道具を買っていったらいいと思います。

ちなみに、バイオジェルの材料はプロの道具。ですからネイル専門店でしか買えず、数万円は必要です。購入前に、ネットでサイトを色々見ておくとよいと思います。



Itnail編集部