コラム コラム 2018年11月20日 更新 お気に入り追加 0

ラインアートで作る《大人の個性派ネイル》5選

495 view
ラインアートで作る《大人の個性派ネイル》5選 Itnail編集部

ネイルデザインに用いられる、さまざまなラインアート。曲線を描いたり直線を描いたり、ジグザグラインを描いたり。ラインの種類を変えることで、豊富なデザインバリエーションが生まれます。この記事では、ラインを活かした大人でお洒落なネイルデザインをご紹介します。

曲線をランダムに描いた大人のお洒落ネイル

ねいる屋〜SANZOU〜(神奈川)

ねいる屋〜SANZOU〜(神奈川)

多種多様なデザインバリエーションがある、ラインアートネイル。まずは、曲線を描いたデザインのご紹介です。

例えば、シンプルなデザインをベースにして、その上から曲線をランダムに描いたデザインはいかがでしょうか。曲線のそばに小さい丸ホロをプラスしたり、曲線のカラーを2~3種類くらいにしたりといったデザインも素敵ですね。

ベースデザインはシンプルなワンカラーネイルにしてもいいですし、2~3色のタイダイ模様やグラデーションにしてもいいでしょう。
ねいる屋〜SANZOU〜(神奈川)

ねいる屋〜SANZOU〜(神奈川)

ジグザグラインを描いた大人カッコいいデザイン

Nail Angeal

Nail Angeal

ラインアートネイルは、ジグザグラインを描いて大人カッコよく仕上げるのもおすすめです。

例えば、クリアカラーのベースに、メタルカラーのジグザグラインシールやラインテープでアートするのはいかがでしょうか。エスニックテイストに仕上げたり、ジグザグネイル×ワンカラーネイルのアシンメトリーデザインに仕上げたり。組み合わせるデザインやパーツによって、いろんなテイストのネイルを楽しめますよ。

最近は折れ線グラフの形や山の大きさの異なるジグザグラインのネイルシールも販売されています。このような便利アイテムを使えば、セルフネイル初心者でも簡単にラインアートネイルに挑戦できますよ。
ねいる屋〜SANZOU〜(神奈川)

ねいる屋〜SANZOU〜(神奈川)

爪のまわりをラインアートで囲むデザインも素敵

JULIET (愛知・名古屋)

JULIET (愛知・名古屋)

爪の周りを複数のラインで囲んだシンプルなラインネイルもおすすめです。

ホワイトやベージュ、クリアピンクといった上品カラーをベースに、爪の周りを極細のラインで囲んでみましょう。オフィスシーンで使いたい場合はグレージュやアイボリーのようなベースカラーに近い色で、お洒落度高めでカジュアルなデザインにしたい場合はボルドーやブラック、ネイビーといった濃いめの色でラインアートを施すといいでしょう。

ラインアートの一部にブリオンを取り入れたり、ラインの一部をラメでアートしたりというように、好みに合わせていろんなアレンジを楽しんでみましょう♪



Itnail編集部