コラム コラム 2016年10月8日 更新 お気に入り追加 0

秋冬は乾燥に要注意!?この季節のネイルトラブルを防ぐ対策3つ

690 view
秋冬は乾燥に要注意!?この季節のネイルトラブルを防ぐ対策3つ Itnail編集部

空気が乾燥する秋冬は、お肌も乾燥しがち。爪もお肌の一部ですので、乾燥対策をしっかりして、爪の健康を維持しましょう。今回は、乾燥によるネイルトラブル予防策をご紹介します。日常生活のなかでできるものばかりですので、ぜひ試してみてくださいね!

ティッシュ&化粧水で簡単パック!

 (507821)

【イットネイル】爪の乾燥対策としてまずおすすめしたいのが、ティッシュと化粧水を使った保湿ケアです。

◆用意するもの
・ビニール手袋(使い捨てタイプがおすすめ)
・化粧水
・ティッシュ
・はさみ

◆やり方
①ティッシュの上半分に、ハサミを使って4本切れ目を入れます。
②ティッシュに化粧水をたっぷり染み込ませます。
③化粧水を染み込ませたティッシュを、手の上(甲側)に乗せます。ティッシュが爪の周りにはりつくよう、しっかりフィットさせましょう。
④ビニール手袋をして、10分程度放置すれば集中ケア完了です。

保湿をした後はオイルを塗って水分を閉じ込めよう

 (507822)

爪の乾燥を防ぐには、化粧水によるケアをした後、オイルを塗って仕上げることが大切です。というのも人の肌細胞は、水分を補給しても時間の経過とともにこれがどんどん蒸発し、また乾燥してきてしまいます。そこで爪先の乾燥を防ぐには、化粧水を塗った上からオイルを塗り、補給した水分を肌細胞内にしっかり閉じ込めてあげることが大切なのです。
ちなみに爪はその根元部分にある「爪母」という組織で作られていますので、指先の保湿をすることは、綺麗で健康な爪を育てることにもつながります。
キューティクルオイルがなければハンドクリームでもかまいませんので、化粧水を使った後は油分が含まれた化粧品でしっかりケアしておきましょうね。

寒くてもお湯の使用は最小限に!

 (507823)

寒くなってくると、手を洗うときや洗いものをするときなど、熱いお湯を使う機会が増えてきます。しかしこれ、指先の乾燥を防ぎたいのならあまりおすすめできません。

というのも人の肌細胞は、熱いお湯にさらされることでその温度が徐々に高くなってきます。するとその中に含まれている水分の蒸散が促され、お肌が乾燥しやすくなってしまうのです。

寒い季節に冷たい水を使うのは少し辛いですが、お湯の温度をぬるま湯くらいに調整するなどして、できるだけ熱いお湯を使わないようにすることをおすすめします。また洗浄力の強い洗剤も爪の乾燥を防ぐ原因になりますので、洗いものをするときはできるだけ洗浄力がマイルドなものを使うようにしましょう。



Itnail編集部